昨日は節分でした。みなさん豆まきしましたか?

うちは家族同士が「鬼は外!」と叫びながら、豆をぶつけ合いました。結構本気で投げ合って面白かったですよ。掃除は超大変でしたが。

さて、昨日のあさイチはやはり「大豆」特集でした。

豆腐や豆乳などの大豆食品ももちろん体にいいですが、「まるごと大豆」はもっと何倍も体にいいそうですね。

煎り大豆みたいなのを社員に支給して、勤務時間中に食べることを奨励している神戸の会社が紹介されていました。

そこの従業員の女性は1年で悪玉コレステロールの値がかなり下がったとか!


スポンサードリンク

まるごと大豆の健康効果

大豆は女性ホルモンの働きに似たイソフラボンで有名ですが、”血管の若返りパワー”もかなり期待できます。

そして豆腐や豆乳、納豆などの大豆加工品よりもまるごと大豆を食べるほうが、大豆タンパクも食物繊維も含有量が多く栄養効果はよろしいよう。

ただ、大豆タンパクは納豆の方が若干含有量が高かったです。

そして豆腐や豆乳も大豆タンパクの吸収率がよいので、加工品だから意味がないということは全くないのですね。

今までどおり大豆加工品も食べた上で、まるごと大豆を取り入れるのがよろしいかと思います。


大豆は下準備が大変

でも大豆って調理が大変ですよね。前の晩から水に浸しておいて、長いあいだ煮込んでからでないと料理に使えません。

市販の大豆の水煮を買ってくれば済む話なんですが、買い物のときは存在を忘れがちになってしまい、大豆を使った特別なメニューを考えているとき以外は手が伸びません。

まとめて大豆の水煮を作って、いつでも使えるようにストックしておくのが手軽に食べるコツだと思うのですが、でも下準備が・・・・と無限ループに陥ってしまいます。


あさイチでおすすめの蒸し大豆の作り方

あさイチでは「ゆで大豆」よりも「蒸し大豆」をおすすめしていました。

ゆで大豆よりもグルタミン酸が多く、大豆タンパクもたくさん残っていて(水に溶け出さないから)味もホクホクして美味しいらしいです。

作り方は、

1.大豆を前の日から水に漬けておきます。

2.圧力鍋に水を張って蒸し台を置きます。その上に大豆をいれて中火にかけます。

3.圧力がかかったら弱火で5分加圧。火を止めて20分放置で出来上がり。


蒸し台がない!

ほうほう。簡単ですな。じゃあやってみようかなと大豆を買ってきたのは良いのですが、私の愛用している圧力鍋は2980円の安物で蒸し台などついていません。

圧力鍋がない、蒸し台がないという人のために、金属のザルを使う方法も紹介されてました。

「これならご家庭にありますよね?」って。

 あさイチで紹介の蒸し大豆の作り方と水に戻さず圧力鍋で簡単レシピ

いやいや、そんな立派なザルないし!ザルはあるけどプラスチックだし!金属ザルもあるけど取っ手がついてて鍋に入らないし!

蒸し用鍋についている蒸し蓋みたいなのはあるけど、圧力鍋のサイズにあいません。フリーサイズのこんなのだったら良かったのに・・・。

 あさイチで紹介の蒸し大豆の作り方と水に戻さず圧力鍋で簡単レシピ


一晩水に漬けるのが面倒くさい

昨日のオンエア時間にチラッと番組を見始めたときは「一晩水に漬けることもせず、簡単に蒸し大豆が作れる方法を教えてくれるんだ♪」なんて都合のいいことを思ってたわけですよ。

大豆料理の面倒くささって前の日から水に漬けるという点が大部分じゃないでしょうか。

だから乾燥大豆を買ってきたはいいものの、昨夜から水に漬けてはいませんでした。袋のままです。

おまけに圧力鍋にあう蒸し台もザルもないので、今から水に漬けて、蒸し器で1時間も蒸すの・・・めんどくさい。やる気ない・・・というハメに陥ってしまいました。

このままでは買ってきた大豆は一生日の目を見ないかもです。

大豆の賞味期限は1年だそうですが、「今!」やらないと私のやる気は賞味期限内に出ないと思います。


水に戻さず圧力鍋で茹でる方法

ネットを色々検索しているとありました!

水で戻さず、圧力鍋で柔らかくする方法。

ただし、蒸し大豆ではなくなるんですよね。あくまでもゆで大豆になっちゃいます。

レシピ

1.圧力鍋に水を1リットル入れる。

2.乾燥大豆をひと袋からからと入れる。

3.蓋をして強火を点火。圧力がかかったら弱火にして3分後に火を止める。

4.そのまま数時間放置。ザルにあげる。以上


ただいま調理中(放置中)

結局のところ「数時間」は必要なのですよね。

乾燥大豆を30分で!というのは無理っぽいです。

ただ、一晩水に漬けるよりは時間短縮になるし、工程的には超ラクチンなので、蒸し大豆ではないけど早速試してみました。

今、放置中で今夜にでも蓋を開けてみるつもりです。

どうなっているかドキドキワクワク楽しみです。うまくいったらまた記事にしますね。