『ガルネク』こと『girl next door』が解散だそうです。更にヴォーカルの『千紗』ちゃんは芸能界を引退するとか。

 

7月に水泳選手の北島康介さんと婚約、同棲を発表したばかりですが、北島選手を支えることに専念したいんだそうです。

 

girl next doorって何て意味?

 

直訳すると『隣の女の子』ですが、そんなどこにでもいて親近感が持てる『理想の女の子』という意味です。

 

girl next doorは男女3人のユニットで、2008年にavexの創立20周年に合わせてデビュー。それまでavex所属の他のアーティストに注いでいた力を全てgirl next doorに費やす、と社長に言わしめた鳴物入りのデビューだったんですね。

 

ヴォーカル:千紗、キーボード:鈴木大輔、ギター:井上裕治の3人です。

 

キーボードの鈴木大輔さんは、今や完全にバラエティでつつかれ役の『misono』さんが所属していた『day after tomorrow』のキーボードでした。

 

そのgirl next doorですが、デビューの年に紅白に出場し、レコード大賞の新人賞も受賞。

 

元々ダンスユニットを組んでいた千紗ちゃんはスタイルも抜群で、当初は男女問わず絶大な人気でしたね。

 

ラジオ・パーソナリティを務めたり、テレビ・ドラマやCMにも出演したりと、個人での仕事は忙しかったようですが、残念ながら曲はそれほど売れたとは言えないんですよね。

 

彼らは17枚のシングルと6枚のアルバムをリリースしているんですが、オリコンチャートで1位を獲得したのは5枚目のシングル『Infinity』とそれを収録したセカンド・アルバム『NEXT FUTURE』だけなんです。

 

普通にすごいんです。1位じゃなくても充分に売れています。2009年には2度目の紅白に出場。2010年にはレコード大賞の優秀作品賞も受賞しているんです。

 

ただ、avexの社運をかけてデビューした割には弾けませんでした。

 

2012年にはベストアルバムと2枚のシングルをリリース。同年3枚目のシングルは発売延期となりました。

 

そして2013年7月17日。サンリオピューロランドのイベントで、北島康介選手と同棲していることを公表しちゃいました。

 

割と家庭的で、アスリートの婚約者を支えるために色々と料理には気を使っているそうです。北島選手は海外に行くことが多いため、白ごはんやお味噌汁、それに合うおかずなど、和に拘っているとか。

 

サンリオピューロランドは、以前に千紗ちゃんがミュージカルに出演していたこともあり、思い出深い場所なんだそうです。

 

子供に夢を与える場所なので、自分の子供ができたら連れて来たいと話していました。

 

何となく終焉の色を帯びていたガルネクですが、やはり12月8日のライブを最後に解散を発表しました。

 

メンバーそれぞれの今後の活躍に期待したいですね。