最近ニュースでよく報道されるアントニオ猪木参議院議員。

国会に無断で北朝鮮へ渡り、平壌にスポーツ平和交流会の事務所を開設しただとか、北朝鮮のNo.2の張成沢(チャンソンテク)と会談したとか、アントニオ猪木は一体何者で何がしたいのでしょうか?

分かる限りでまとめてみました。


スポンサードリンク

アントニオ猪木って?

彼がプロレスラーだったということは知らない人はあまりいないと思います。

プロレスには全く興味がない私でも名前と顔が一致する数少ないレスラーでした。

熱狂的なファンは日本に限らず世界中にいるようです。それも世界の有力者のファンも多いみたいですね。

そのコアなパイプから民間外交に取り組み1990年の湾岸戦争ではイラクへ渡り、フセイン大統領と直接交渉して、人質となった日本人を連れ帰ったりと民間外交では素晴らしい成果をあげています。

フセイン大統領はアントニオ猪木のファンだったという話も有名です。

1989年に引退したあとは、様々なイベントや交流に参加し精力的に民間外交活動をしていました。

政治活動はスポーツ平和党を結成後、参議院議員として活動しています。ちなみに今は「維新の会」所属です。


 今回の北朝鮮訪問のスケジュール

11月2日:27度目の北朝鮮訪問
11月4日:にスポーツ平和交流会の平壌事務所を開設
11月6日:張成沢と会談
11月7日:帰国

やはり注目すべきは張成沢との会談ですよね。

11月8日の国会の後、国会記者会館にてワイドスクランブルがアントニオ猪木に直接インタビューを行っていました。

スタジオのコメンテーターや司会者が、やはり拉致問題解決に関しての質問をかなりしつこくしていましたが、アントニオ猪木の口は重かったですね。

あくまでもスポーツを通じての交流ということで質問を交わしているようでした。

直前までの国会で何か釘を刺されていたのかなぁとも思いました。

主な質疑応答をまとめてみました。


目的は?

スポーツ交流を通じての世界平和。
拉致問題の早期解決の根回し。
日朝の壁を壊したい。


誰と何を会見したのか?

金 英逸(キムヨインイル)書記と一時間くらい話した。訪朝すると必ずこの人と会っている。

国会議員団の派遣を前向きに受け止める。


それは日本維新の会の平沼議員が会長を務める拉致議連のことか?

名前は出せない。ご想像に任せる。


北朝鮮は拉致問題は解決済というスタンスを崩しているのか?

それは私にはよくわからない。日朝関係をよくする落としどころというのは大事な部分で、政治には表と裏の思惑がある。根回しが大事だ。


拉致問題の解決に向けて一歩進めたと思うか?

スポーツ交流を通じて誰も反対のできない交流をしたい。

95年に平和の祭典を平壌で行い、たいへん好評だったのでもう一度やってほしいと要請があった。


松浪健四郎を外して2人だけでの張成沢との会談では何を話したのか?

金 英逸に話したことが張成沢にそのままあがっている。主にスポーツ交流の話。


制約の多い国会議員をやめて独自に行動してはどうか?

民間外交と国会議員としての立場で物を言うのとはだいぶ対応が違う。

北朝鮮も国会議員という立場では表向きの待遇は変わらないがやはり違うと思う。

 国民に選んでもらったのだから命をかけて頑張っていきたいと思う。


金正日はなぜ会談に応じないのか?

私がそれを申し入れしていない。


北朝鮮は拉致問題に柔軟な姿勢なのか、そういう感触はあるのか?

同僚議員を連れて行きたいと申し入れると受け入れるという答えだった。

.
歯切れの悪い応答で見ていて結構イライラしたのですが、あれが限界なのでしょうね。

ちなみに訪朝時のアントニオ猪木のマフラーはトレードカラーの赤ではなく緑色でした。

本人曰く熱くなりすぎないように緑色にしたのだそうです。

ところでアントニオ猪木って北朝鮮と深いパイプがあるようですがどうしてなのでしょう?


アントニオ猪木と北朝鮮との関係

所々で北朝鮮を擁護するような発言が見られるアントニオ猪木ですが、彼は在日朝鮮人なのでしょうか?
ネットで調べる限りではそんなことはなく生粋の日本人のようです。
デビュー時にはブラジルの日系人だという触れ込みでしたが、それも正しくなく、日本で生まれたあとに
ブラジルに渡ったというのが真相のようです。

そして今は亡き力道山が在日朝鮮人でした。
アントニオ猪木は力道山の弟子だったのでその関係で北朝鮮とのパイプが太くなっていったのでしょう。

日本に住んでいるとやはり北朝鮮の悪いニュースしか入ってこないので、私は正直北朝鮮に良いイメージは全くありません。

アントニオ猪木の言うとおり偏見が根強いのかもしれません。

日本にとって受け入れ難いことも多いのですが、やはり隣国との火種はできるだけおさめている方がいいのでしょうね。

拉致問題が被害者側にたった早期解決するのを心から願ってます。