今日のあさイチは竹野内豊でしたね。

わたし、つい最近まで竹野内豊と平山浩行を同一視していました。

というよりも平山浩行が出演していると「あ、竹野内豊だ!」と思って見ていたのです。

今日、じっくりと竹野内豊を見てみると、全然似ていませんでした。

竹野内豊の方が甘い顔立ちですよね。平山浩行はスっとした感じです。なんであんなに同一視していたのか不明です。

.

さて、今日のプレミアムトーク,2月8日公開の「ニシノユキヒコの恋と冒険」の話題が多かったです。

ニシノユキヒコの恋と冒険は川上弘美原作のお話で、主人公はとにかく女性にモテてモテて仕方ないニシノユキヒコ。

だけどいつも女性は去っていってしまう。

そのニシノユキヒコを演じるのが竹野内豊です。宣伝シーンをみていると「ハマり役」って感じがしますね。

モテ男のお話ですから相手の女優さんもたくさん出てきます。

尾野真千子、成海璃子、木村文乃、本田翼、麻生久美子、阿川佐和子が演じる年齢も職業も別々の女性との恋模様から物語が発展していきます。

とにかく女性に優しくて女性の気持ちをわかってくれて側にいても違和感がない。

それが自分だけに向けられるなら最高ですが、女性全般にこんなスタンスなら去って行くのも当然なような気がしますけどね~。

私は原作を読んでないのすが、映画は見てみたいなぁと思います。

.

ニシノユキヒコの撮影でのネタバレ

 

勘違いでキスシーン?

尾野真千子とイチャついてキスするシーンがあるようです。

このシーン、井口監督は「キスをしろ」という指示はしていなかったのにもかかわらず、キスをする竹野内豊と尾野真千子。

なにか特別な感情が?なんて思ってしまいますが、そうではなく、監督の「リハーサルの時よりも10倍はラブラブして」という指示に、二人は「それはやっぱりキスまでいかなくちゃ?」と思ったようですね。

なかなか「カット」がかからず、ラブラブ度が足りない→キスしなくちゃ?というプレッシャーだったようです。

このシーンは結局TAKE3までいったようですが、終わったあとは竹野内豊も尾野真千子も疲れきってボロボロだったようです(笑)

ちなみにあさイチでは公開していなかったです。映画でこのシーンを見るときはニヤニヤしてしまいそうですね~。

それにしても疲れきってボロボロになるまで竹野内豊とラブラブ、イチャイチャ・・・・羨ましすぎます。。鼻血がでそうです。

.

阿川佐和子とのアドリブシーン

この映画ではセリフをアドリブで求められるシーンが多いそうです。

いくつかのセリフだけを決めれば、あとはなんでも好きな会話をしてください・・・という指示、結構難しそうですね。

阿川佐和子と喫茶店で会話するシーンが紹介されていました。

「カサブランカ」の映画をご覧になりました?という阿川に「もちろん」と普通に答える竹野内豊。

このシーンはあさイチで公開されていました。

事情を知ってみていると、阿川佐和子と竹野内豊自身の雑談シーンにみえますが、これはニシノユキヒコとササキサユリの映画の中での会話シーンなのです。

こんなエピソードを頭に入れて映画を見てみると、映画が3倍楽しめそうです!

現代の源氏物語?というような「ニシノユキヒコの恋と冒険」、竹野内豊の光源氏はどんな感じでしょうね。

公開が楽しみです。