健康の記事一覧

夜寝ていると、突然足に激痛が走る!
そんな経験ありませんか?

そうです。憎っくき「こむら返り」です。

神をも呪ってしまいそうなあの痛みに苦しめられた方は
結構多いのでは?

あさイチで「こむら返り」の徹底特集をやっていたので
まとめてみました!

 

こむら返りとは

そもそもこむら返りってなんでしょう?

・・・・いや、「こむら」って一体?

私は子どものころ祖父から「コブラ返り」と教わっていました。

あの毒蛇のコブラのように、足が反り返るから、
そう呼ばれるようになったのだと。

ええ、もちろん、祖父の大ボラです。

あぁ、もしかしたら祖父もそう教わっていたのかも知れませんけどね。

そのまま怠惰にも調べもせずに過ごしてきましたが、
今回、あさイチを見ていて、

こむら=ふくらはぎ 

だということが判明しました!なるほど!何で?!
まぁいいか。

 

そして、こむら返りとはこう定義できるようです。

自分の意思と関係なく筋肉が激しく収縮している状態

文字にするとあっさり説明できますね。

 

こむら返りの対処法

寝ているときにこむら返りになったときは

センサーを働かせるとよい

らしいです・・・。

せ、せんさー?

足首と膝の腱にセンサーがあり、それがピンと張っていると
センサーが働き、筋肉の収縮を抑えてくれます。

腱が緩むとセンサーが働かなくなり、こむら返りがおきやすくなります。

よって、こむら返りになったら、足首を上に曲げたり、
膝を伸ばしたりして、腱をぴんと張ってセンサーを働かせると良い・・・

そうなんですが・・・・・

そんなのみんな無意識のうちに必死にやってますよね~。

ここがポイントなんですが腱の張り方の順番が重要なんです。

足首を曲げてから膝を伸ばす

この順番で曲げると、治りやすいみたいですね。
そして、ゆっくりと行うこと、こむら返りを起こしていない方の
足も一緒に伸ばすといいです。

 

最近、こむら返りになっていないので、
自分で試したわけではないのですが・・・

 

原因

こむら返りの主な原因は以下のものがあります。
  • 冷え
  • 筋肉疲労
  • 脱水
日常生活にわりとありふれているものですよね。

 

ただ、病気が原因でこむら返りになることもあるので
次のチェック項目に当てはまったら、
病院で血液検査、もしくは整形外科で
検査してもらってもいいかもしれないです。

 
  • 1日に何度もつる
  • 体のあちこちがつる
これらの症状は糖尿病や肝硬変が疑われます。

 
  • 足に痺れがある
これは脊柱管狭窄の可能性があります。

 

 原因への対処で予防!

冷えの場合

冷えからくるふくらはぎのコリをケアすることで、
こむら返りの発症確立を下げましょう。

ふくらはぎにある3つのツボ
「築賓(ちくひん)」「飛揚(ひよう)」「承山(しょうざん)」

これらを刺激することで、足の冷えを改善することが出来ますが、
ツボって正確にどこにあるか分からないし、
イラストで説明するのも難しいです。

でもさすがあさイチ!次のような簡単予防法を
紹介してくれました。

 

 
  1.  ソファなどに横になって肘掛の部分にふくらはぎを乗せる
  2. ふくらはぎ・足首を楽にして、ゆっくりとワイパーのように左右に動かす
 

これで、3つのツボを同時にほどよく刺激できるのです。

これはやってみると気持ちよかったです。
お試しの価値あり!です。

筋肉疲労

たっぷり歩いたり、スポーツなどで
ふくらはぎの筋肉を酷使した夜は、危険信号です!

冷蔵庫に眠っている保冷材を、患部にこすって
血行をよくすると、簡単にケアできます。

運動直後に、5~5往復こすり、その後は、
ゆっくりお風呂で温めてマッサージするとバッチリです。

これは試しました。

こむら返りとか関係なくても、足の疲労回復が早かったです!
ただ、運動直後じゃないと意味ないかも?

脱水

脱水もこむら返りに影響するみたいです。

次のように意識して水分を摂取すると効果的ですよ。

運動するとき
  • 運動前:1時間から30分に、250~500mlを摂取
  • 運動中:1時間に500~1,000mlを、こまめに分けて摂取。
日常生活
  • 日中はこまめに水分補給
  • 寝る前 250~300mlを摂取
 

こむら返り、最近はならないのですが、
今度なったらぜひ試してみようと思います♪

皆さんもお試しくださいね。

 

あさイチお役立ち情報, 気になるヘルスケア, 気になる病気

梅雨真っ只中ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

最近暑さが厳しくなってきたような気がします。
ちょっと掃除をしただけで汗がダラダラ・・・。

あ~!もう!自分が汗臭い!

・・・・と叫びだしたくなりますが、ふと気がつきました。

足先は冷たいよ?

夏に愛用している甲があいているソックス
↓こんなの

 夏の冷え対策!意外な理由は腰?改善法 あさイチ特集

 

が、悪いのかなぁと思って、普通のソックスを履いてみても
足だけ冷たいのは変わりません。

これってもしかして夏の冷え?ってヤツでしょうか。

ちょうど朝イチで、夏の冷え対策をやっていたので、
真剣に見入ってしまいました。

「夏の冷え対策!意外な理由は腰?改善法 あさイチ特集」の続きを読む »

あさイチお役立ち情報, 気になるヘルスケア

Zemanta Related Posts Thumbnail

1週間位前から私の左眉のあたりに異変が起きています。

ひっきりなしにピクピクと痙攣していて、
何かの病気の前触れでは?と調べてみました。

結果、目元の痙攣はたいていの場合、
目の疲れからくることが多いそうで、
ちょっと安心しました。

なにかもっと大きい病気やったらどうしよう・・・
と、かなりビクついてましたから。

原因なら思い切り心当たりがあります。

「目の疲れの解消方法!簡単で効果抜群な私のおすすめ!」の続きを読む »

気になるヘルスケア

2週にわたって日本を襲ったあの大雪。被害は大丈夫でしたか?

ここ数日もとても冷え込んでますが、来週からはぐんと暖かくなると天気予報が言ってました。

待ち遠しくてなりません。

暖かい季節になると気になるのが「かかと」のひび割れです。

私のかかとはかなり長い間、ひび割れでガサガサでした。

ストッキングなんて一日で何足無駄にしたことか。。。

ミュールなんて素足では履けません。

でも、今年はツルツルとまではいかないまでもかなり改善されてます。

私が試したかかとケアを紹介しますね。

「かかとのひび割れは水虫?見分け方とケア法・ミュールの季節はすぐそこ!」の続きを読む »

健康

昨日は節分でした。みなさん豆まきしましたか?

うちは家族同士が「鬼は外!」と叫びながら、豆をぶつけ合いました。結構本気で投げ合って面白かったですよ。掃除は超大変でしたが。

さて、昨日のあさイチはやはり「大豆」特集でした。

豆腐や豆乳などの大豆食品ももちろん体にいいですが、「まるごと大豆」はもっと何倍も体にいいそうですね。

煎り大豆みたいなのを社員に支給して、勤務時間中に食べることを奨励している神戸の会社が紹介されていました。

そこの従業員の女性は1年で悪玉コレステロールの値がかなり下がったとか!


「あさイチで紹介の蒸し大豆の作り方と水に戻さず圧力鍋で簡単レシピ」の続きを読む »

あさイチお役立ち情報, 気になるヘルスケア, 気になる料理

Zemanta Related Posts Thumbnail

今回のあさイチは「統合失調症」についてでした。

統合失調症はかつては「精神分裂病」と呼ばれていて、妄想や幻聴などに悩まされ、現状認識がしにくくなる病気です。

実は発症率は100人に1人の珍しくない病気なのです。

あさイチには統合失調症患者だったハウス加賀谷と、相方の松本キックがゲストとして呼ばれリアリティのある体験談を聞くこともできました。

そして京都大原の古民家で暮らすハーブ研究家のベニシア・スタンリースミスさんは、統合失調症の娘、ジュリーさんと暮らしています。

とても心に響くエッセイが紹介されていました。

今日の番組は大変有益な情報だと思いますので、まとめてみますね。

誰かのお役にたてますように。


統合失調とは?

脳の機能障害で「精神病」に分類される病気です。かつては「精神分裂病」と呼ばれていました。


症状は?

・記憶力・集中力の低下
・幻聴・幻覚妄想
・感情の起伏がなくなる 意欲の低下

これは他の病気にも見られる症状で、例えば記憶力・集中力の低下ですと「認知症」、意欲の低下ですと「うつ病」などが疑われます。

実際に医者に行っても統合失調症と診断されない場合も多いそうです。


うつ病と統合失調症の違いは?

うつ病は「気分・感情」の症状中心、統合失調症は「思考・意欲の障害」が主だと、専門家が言っていましたが・・・、よくわかりませんね。


原因は?

脳の働きが関係しているようですが原因やメカニズムは今も解明されていません。遺伝なども影響していると言われていますが、遺伝よりは環境によるストレスが多いのではないかとも言われています。


何歳くらいの人にかかりやすい?

8割ほどが10代後半から20代前半の青年期に発症します。10代後半だと反抗期などにも間違われやすく、不登校になることも多いそうです。
統合失調症だとは思いもせずに医者にかかるのが遅れるケースが非常に多いのです。


 松本ハウスのハウス加賀谷(39)のケース

中学2年の夏に突然発症。

クラスメイトの女の子が下敷きを団扇がわりにしている姿を見て「自分が臭いから仰いでいるんだ」と思ってしまい、その日のうちから「加賀谷が臭い」という幻聴が聞こえるようになったそうです。

ボキャブラ天国などで大活躍していた時期も症状は続いていて、
自宅近所でスナイパーが自分に向けてライフルの銃口を向けているという幻覚に悩まされていました。

先輩に預かったお札を食べてしまったりという奇行もあったようで、その頃はじめて「統合失調症」と診断され閉鎖病棟に入院しました。

今は寛解期で日常生活に支障は出ないみたいです。

統合失調症の場合はなかなか「完治した」という診断はでずに「寛解期」という表現を使うようですね。

10年ぶりに芸能界に復帰し、松本ハウスを再稼働させました。

統合失調症をネタとした漫才をあさイチでも披露していましたが、、、、

う~ん、、、すみません、「ちょっとすべっている?」って感じでした。


ハーブ研究家、ベニシア・スタンリースミスの娘のケース

京都大原の古民家で生活しているハーブ研究家のベニシア・スタンリースミスさん、ご存知でしょうか?

benisia 300x300 あさイチ特集!ハウス加賀谷もベニシアさんの娘も。身近な統合失調症

テレビにもよく出演されていて、私もこの方の講演会に行ったことがあります。

この方の娘のジュリーさんが統合失調症で14年間闘病しています。

発症した頃は、家族に刃物を向けることもあり「娘がドラッグをしているのではないか?」と疑ったベニシアさんですが、3年経つ頃にはジュリーさんのペースに合わせられるようになってきたと話していました。

そしてジュリーさんの息子、ジョーくんも、母親である彼女のペースにゆっくりと合わせています。生まれた時から母親は統合失調症でしたので、接し方を学んでいるのでしょう。

ベニシアさんは娘さんのことをエッセイにしました。番組で紹介されていたものだけ引用させていただきますね。


「私のことを分かってください」

~ジュリーからのお願い~

誰かに話しかけられると一度に把握できず頭の中がいっぱいになります。
ただ言葉が中に浮いているような感じなのです。

人に同じ質問を繰り返すことがよくあります。

母に「その質問はもう5回目よ」と言われるけど私は覚えていないのです。

「戸棚に蛇がいる」といっても皮肉らないでください

そんなときは「蛇がいるのはわかったわ。でももしかしたら」

「あなたの病気のせいかもしれないわよ」と言ってください。

日常的な作業はゆっくりやりたいし作業の途中で休憩しないとダメなんです。

怠けていると言われますが自分では頑張っているのです。

私を怖がらないでください。病気になってからも私の性格は変わっていません。

変な振る舞いをしても心配しないで。危険人物ではないですから。

いつかこの病気を理解出来たら

神秘的なこの病を理性の明かりに照らすことができるでしょう。

私はベニシアさんに憧れていました。

自分の好きな場所で自分の好きなことを仕事にして好きなように人生を生きている。とてもとても恵まれた人だと憧れ、羨ましかったです。

そして今回のあさイチを見るまでジュリーさんのことも知りませんでした。

自分の娘が困難な病気になってしまいそれが14年も続いているなんて。恵まれた人生でも人が抱えている荷物はそれぞれなのだな・・・・

そう思いながら番組を見ていましたが、番組のベニシアさんを見ているとそう思った自分が恥ずかしくなってしまいました。

彼女はこう言っています。

「これはファミリーの一つの試練。娘が病気で自分が惨め・・・そんなこと絶対に感じないほうがいい。ただ、娘がすごくビュアになるので自分が心を開いていく。」

おそらく、恐れや不安やもしかしたら怒りなどの感情を持て余したこともあったでしょう。

でも、娘のジュリーさんをそのまま認め、自分の感情ともうまく付き合っていく、受け入れることで新しい関係を築いていく、その柔軟性に改めて憧れてしまいました。

そういう力を持った方だから、他人から「憧れる」生活を送れるのかもしれませんね。


 最新の治療法

統合失調症は、専門医にかかり治療を受けていても、再発することが多い病気です。
治ったかな?と思ったら元に戻り、更に悪化していく、そんなプロセスがよくあるそうです。

まだ全国で数箇所しかないですが、ユースクリニック(若者専門外来)という新しい試みの治療法が注目を浴びています。

その名のとおり若者専門のクリニックで、特徴は診察と併せてリハビリ(心理社会的療法)が行われることです。

作業療法士や、臨床心理士、看護師、医師がチームになって治療にあたります。

加えて英会話や、料理、音楽、脳トレーニング等のプログラムが充実しているのです。

こういったリハビリを組み合わせると服薬だけの治療よりも再発率が格段に低いようですね。人との繋がりの中で精神の安定が保てるのでしょうか。

なぜ若者専門なのか?と疑問にも思いますが、若者の患者が圧倒的に多いからなのかな~と思っています。

視聴者からのメールで、「早期治療が有効なら、小・中学校での啓発活動をして欲しい」とありました。

確かにそれは私も思います。公けにすればするほど偏見も少なくなっていきますし、(発達障害などもそうですね)早期発見にもつながりますものね。

かつては、狐つきなどと偏見の目で見られてきた病気で、今でもそれは多少なりともあるかもしれません。

ですが、ベニシアさんの言うとおり「理性の灯りに照らす」ことが本当に必要だと思います。

あさイチお役立ち情報, 気になる病気

 今日の朝イチは希少糖(レアシュガー)の紹介をしていました。

砂糖の7割の甘さでカロリーはほとんど0。

しかも食事と一緒に摂取するとご飯などのブドウ糖の吸収も抑えてくれるというダイエッターには嬉しい甘味料です。

「プシコース」と言われる希少糖は、西日本でのみ生息する「ズイナ」と呼ばれる植物に含まれる糖分ですが、香川大学が果物などの果糖からプシコースを精製する技術を開発し、大量生産にも成功しているのです。

「あさイチで紹介「希少糖」プシコースとは?ステビアとはどう違う?」の続きを読む »

あさイチお役立ち情報, 健康

今日のあさイチの特集は「オンナの腎臓病」でした。

腎臓病って男性の病気のイメージが強いのですが、腎臓は30代からの女性が患うリスクの高い臓器なのです。

特に腎盂腎炎の発症率は女性に圧倒的に多いそうですね。尿道が女性は短いので細菌が入り込みやすいの原因です。

私も20代半ばの頃にかかったことがあります!

「慢性腎臓病(CKD)検査数値の見方・あさイチ特集」の続きを読む »

あさイチお役立ち情報, 健康, 気になる病気

トランス脂肪酸ってご存知でしょうか?マーガリンなどに含まれる油脂の種類です。

これはあまり体によくないと言われ続けて長いのですが、ついにアメリカの食品医療品局(FDA)が、トランス脂肪酸を安全だと認識することが出来ないと判断しました。

暫定的な判断ですが、トランス脂肪酸の使用が禁止になる可能性が非常に高いです。

1940年代から現在に至るまで、アメリカでは非常に幅広く使われていた油脂が、これからだんだんと締め出されていくことになるのでしょうね。

私はトランス脂肪酸の問題点や、そもそもトランス脂肪酸が何か、ということもあまり分かってません。

これを機会に調べてみることにしました。

.


「アメリカでトランス脂肪酸使用禁止?日本では?マーガリンの運命は?」の続きを読む »

気になるヘルスケア, 気になる海外ニュース