世界遺産に登録された富士山。やはり登山者が激増しているそうですね。テレビでしか見たことありませんが、雲海から現れるご来光は素晴らしい景色です。

fuzian 富士山の入山料の試行が開始。運用はいつから?金額がいくらが妥当?エベレスト等海外では?

しかし、登山者が増えればゴミやトイレなどの問題も今よりももっと大きくなります。入山料を徴収して登山者数を抑制し、そのお金で富士山の環境を守るのはグッドアイデアだと思います。

スポンサードリンク
7月25日から8月6日まで試験的に入山料の徴収が始まりました。

義務ではなく寄付というカタチで1000円。 葛飾北斎の凱風快晴(がいふうかいせい)をあしらった缶バッチももらえるそうです。

fuzisanbachi1 富士山の入山料の試行が開始。運用はいつから?金額がいくらが妥当?エベレスト等海外では?

1000円くらいだったら誰でも払うんじゃないかなぁと思ってましたが、やっぱり人の考え方はそれぞれですね。気持ちよく払う人もいれば、任意だったら払う必要がないと言ってその場を離れる人、色々だったそうです。

試行期間中に登山者にアンケートを配布して、最終的な入山料を決めていくそうです。

日本の山は入山料というのはあまりポピュラーではありません。

乗鞍岳や白神山地などで任意の協力金を徴収しているところなどがありますが、あくまでも任意です。

三重県の倶留尊山や岐阜県の籾糠山など500円程度を徴収しているそうですが。

一方、海外では入山料のいる例は珍しくはありません。

世界最高峰のエベレストはとても高額です。

ネパール側から入ると通常ルートで25,000ドル(約250万円)、通常ルート以外だと70,000(約700万円)ドル、チベット側からだと10人までのパーティで、1パーティ5000(約50万円)ドル、一人増えるごとに500ドル(約5万円)です。

チベット側からだとかなりリーズナブルですが(それでも約50万円!)、かなり難易度が高いので高度な登山スキルが必要です。

いずれにせよ「ちょっとエベレストに登ってくるわ」などとは言えない金額ですよね。一般庶民にはかなり厳しい金額です。まぁ「ちょっと行ってくる」というような山ではありませんが。

なぜこんなに高いのかというと外貨獲得のための一言に尽きるみたいですね。どんなに高くても入山希望者は後を絶ちませんし。

その他の理由としては物価の上昇などによって地元民の生活が荒らされない為とも言われています。

ただ、ネパール側の25000ドルは大幅に値下げされていて、2002年以前は通常ルートでも70000ドルだったそうです。

エベレストは別格としてもアメリカのレーニア山(富士山と姉妹提携)では、15ドル(約1500円)、アフリカ、タンザニアのキリマンジャロでは70ドル(約7000円)、南米のアコンカグアでは1000ドル(約10万円)です。

それと比べたら1000円はかなり格安なような気がします。本当に登山者を抑制しようと思うのなら1000円では効果がないのではないでしょうか。

5000円~7000円ぐらいが最終的な金額になるんじゃないかなぁと思います。

金額が決定したら来年の夏(2014年)から運用が始まるそうです。意識の高い登山者がふえて世界遺産の富士山を美しく維持できて言ったらいいですね。