確定申告の季節になりましたね。

去年は少しだけ副収入があったので、

確定申告をしなければなりません。

ネットで調べていくうちに「ふるさと納税」

という気になるワードを見つけました。

そういえば、何年か前に「ふるさと納税」を導入するか否かで、

ニュースが賑わっていたことを思い出しました。

.

「あれ、結局どうなったんかなぁ。

ふるさと納税なんかする人おるんかいな?

どのみち税金持っていかれるだけやん」

.

などと思いながら、調べてみると

ん?・・ん?? ん?!

なんかむちゃくちゃお得で美味しい制度やん!

驚愕の事実を今日はじめて知りました。

知らなかったあなた!ぜひぜひ読んでくださいね。

ふるさと納税ってどういう仕組み?

ふるさと納税という言葉が有名ですが、

本当は「ふるさと寄付金」が正しい名称なんです。

furusato

仕組みを簡単に説明するとこんな感じです。

 

  1. 自分が選んだ自治体に好きな金額だけ寄付をします。
  2. 寄付した金額を確定申告すると、その年の所得税と翌年度の個人住民税がそれぞれ控除されます。つまり税金がお安くなります。
  3. 寄付した自治体からお米や肉などの特産品がもらえちゃいます。

寄付する金額は自由ですが、2,000円以下の場合は税の控除はなく、
特産品がもらえるのも5,000円以上の自治体が多いです。

 

どれくらいお得なの?

やっぱり気になるのはどれくらいお得かということですよね。

たとえば気になる自治体に10,000円のの寄付をしたとします。

次の年に払わなければならない税金が100,000円だとすると、

8,000円控除されて、支払うべき税金が92,000円に減額されるのです。

え?それって2,000円損じゃない?

私もそう思いました。でも、

その2,000円以上の特産品がもらえるとしたら?

かなりお得ですよね♪

個人の所得によって控除額は若干変わってきますが、

大抵の場合、「寄付金-2,000円」が控除され、

寄付金に応じた特産品をもらえるわけです。

2,000円でお値段以上のお買い物ができる

と考えたらわかりやすいかもしれません。

自治体によってバリエーション豊かな特産品が用意されています。

たとえば私の住む神戸の場合を紹介しますね。

5,000円以上の寄付金で

  1. 有馬温泉太閤の湯の入場券が二枚
  2. 須磨水族館の入場券が二枚
  3. 神戸ローストショコラが三袋

いずれかの特典が選べます。

太閤の湯の入場券は一枚2,400円なので

2,400円 x 2 = 4,800円

須磨水族館の入場券は一枚1,300円なので

1,300円 x 2 = 2,600円

もちろん税金は「寄付金‐2,000円」に当てはめて

5,000 - 2,000 = 3,000円

3,000円、支払うべき税金から差し引かれますよ。

1も2も2,000円以上の値打ちなのでお得ですよね!

.

微妙な感じの3番のチョコレートですが、

楽天で調べるとひと袋300円程度なので、

3袋でも1,000円に満たないのですね。

神戸に限らず2,000円に満たない特産品も用意されています。

が、そこは自分で選べるのでよしとしましょう。

.

ほかの自治体ですごい!と思ったのが長野県下伊那郡 阿南町です。

10,000円の寄付で「阿南産のお米20kg」が送られてきます。

kome

お米10kgは銘柄により値段もバラバラですが、

平均すると3,000円くらいですね。

2,000円で6,000円相当のお米が手に入るわけです。

こんなにお得なふるさと納税、やらない選択はありません。

でも、寄付だの確定申告だの難しそう・・・ですよね。

やり方は難しい?

普通に買い物するよりはやっぱりハードルは高いです。

でもひとつひとつ進めていけば大丈夫そうですよ。

.

1.まずは寄付する自治体を選ぼう

自分のふるさとじゃなくてもいいんです。

特典をみてよりお得そうな自治体を選んでもよし、

旅行で行ってこの町が好きだったからでもよし、

好きなタレントの出身地だからでもよし。

どこでもあなたの意思で決めていいんですよ。

ただし現住所の自治体に寄付できるかどうかは自治体によって違います。

控除は受けられるけど特産品の特典はなしという自治体もあります。

.

2.寄付を行おう

自治体のホームページにはふるさと納税のやり方が載っています。

ホームページ上でそのままクレジットカードで決済できる自治体、

申請書を取り寄せて銀行振込の自治体など、

各自治体によってやり方が違います。

ついでがあれば自治体の窓口で直接申請してもいいですね。

すごく感謝されていい気分になれるかもしれません。

寄付をしたら必ず受領書を貰いましょう。

確定申告で必要になります。

そして家で特産品が届くのを待ちます♪

お米の場合新米の季節に届く場合が多いみたいです。

3.確定申告をしよう

サラリーマンか自営業か、複数の収入源があるかどうかなど、

ケースバイケースですが、

サラリーマンの場合、パソコン上で

簡単に確定申告できるケースが多いらしいです。

ネットで検索すると確定申告のやり方は色々出てくるので、

あなたにあった方法を選んでくださいね。

Q&A

寄付金の上限は決まっているの?

はい。所得に応じて寄付できる上限が決まっています。

たとえば年収500万だと寄付の上限は、

60,000円から69,000円で家族構成によって金額が変わってきます。

寄付金の使い道が指定できるって聞いたけど?

はい。大抵の自治体では寄付金の使い道を指定できます。

高齢者福祉に使って欲しい。

子育て支援に使って欲しい。

伝統文化を守るために使って欲しい。

かなり細かく使い道を指定できますよ。

疑問におもうことは各自治体に聞くのが一番確実です。

お得なふるさと納税、今年はチャレンジしてみます!