シンガーソングライターの文月メイってご存知でしょうか。

文月メイの「ママ」という歌が物議を醸し出しています。

児童虐待をテーマにした曲で、歌詞が「過激」だということで有線の配信を見送られていたのです。

ネット上では「別に過激じゃない」「これは配信されるべき」「やっぱり聞きたくない」色々な意見を見ることができます。

全歌詞を載せるのは著作権上まずいので、出だしだけを抜粋しますね。

僕のことが邪魔なの?あのゴミ袋と一緒に捨てるの?

.

歌詞の直接の表現が過激だなと感じるのは正直ここだけです。

ですが、実際に歌を聞いてみると、有線配信を見送った理由が分かるような気がするのです。

.

興味がある方は下の画像をクリックしてください。動画にとびます。

人によっては精神的にダメージを負うこともあるかと思いますのでご注意ください。

fudukimeimama

.

いかがでしたでしょうか。

.

正直私はまともに聞いていられませんでした。

スーッと背中が冷えていって、嘔吐すら催してしまいました。

歌詞自体は最初の1行以外過激なところはありません。

おそらく命を落とした子供がそれでも母親のことを慕う気持ちを描いた涙を誘う曲なのです。

胸のわだかまる違和感がなんなのかを求めてネットで感想や評判を検索してみました。

悲しい歌詞だね 。個人的には泣けてくるわ。子どもはどんなに虐待されても親はひとりなんだよな

文月メイの「ママ」、話題になってたから歌詞を見たけど、辛かった。反動でうちの息子を思う存分ぎゅーしたくなった。

.

この手の意見もわかるのですが、私の中では何かが違うような気がします。

まあ誰向けの歌なのかよく分からんな。DVやってる親はこんなの聞いても全然ピンとこないし そもそも聴かないよ

DVしてる人に向けて歌っても意味はないだろうけど 、潜在的にいつかDVをする可能性のある人はいくらでもいるんだから意味はあるだろう

こういうのは過激な方がいい。少しでもきっかけに届きゃいいんだから

誰に向けての歌かということですよね。

酷い仕打ちをしている親には響かないような気もしますが、どうなんでしょう?

もしかした響くのかもしれないのでしょうか。

全ての母親に対する注意喚起になるのでしょうか。

私は虐待に間違えられて通報されたことあります←ここをクリック!

親を恨まないわけねーだろ~~~~自分に都合良い様に解釈してんじゃねーよ

.

これもとても納得できる意見でした。

ひどい現実を美化しているようにも取れる歌詞なのですね。

どんな仕打ちをしても子供は無条件で親を愛してくれる。よく言われていることですが、これって親の都合の良いように考えているのではないでしょうか。

娘を持つ親の立場で考えると、確かに子供は少々理不尽なことを親がしても、心から信頼して好きでいてくれます。

子供が幼ければ幼いほど親が世界の全てなのは現実です。

でもそれを「絶対的な愛」として子供に甘ったれてはいけないと思うんです。

物理的に精神的に親が全ての世界なのですから、親を好きでいたいのは子供の当然の欲求であり、権利なのです。

「ママ」の歌詞は子供目線ではありますが、子供に甘えきっている、何があっても子供は自分を愛してくれているという親のエゴに聞こえて仕方がありません。

私は虐待に間違えられて通報されたことあります←ここをクリック!

悩めるママ達の応援歌です。

こういう意味合いも「ママ」にあるのだったら、私にとっては受け入れがたい曲ですね。

どういう気持ちで聞くのかは聞き手しだいなのでしょうけど。.

.

.

文月メイは2009年から2年間学習塾の教室長をしていたそうです。

色々な境遇の子供を見つめてきて、昨今の児童虐待のニュースを受けて作曲したと語っています。

確かにいい意味でも悪い意味でも心を動かされる曲ですね。

デビュー曲が有線配信停止になったのは残念ですが、かえって話題性は高まったかもしれません。