待ちに待った「半沢直樹」が始まりました。この興奮を忘れないうちに記しておきますね。

半沢直樹の原作などの情報はこちら

半沢直樹第2話の詳細なあらすじはこちら

半沢直樹第3話の詳細なあらすじはこちら

半沢直樹第4話の詳細なあらすじはこちら

半沢直樹第5話の詳細なあらすじはこちら

あらすじ

バブルの頃、半沢直樹は産業中央銀行に入行。父親の会社を助けてくれた産業中央銀行に恩返しがしたいと面接で訴え合格する。

産業中央銀行は合併をくりかえし、メガバンクの東京中央銀行になる。

半沢は西大阪支店の融資課長で切れ者として活躍している。マキノ精器という部品工場に3000万円の融資をするが、西大阪支店はあと5億の融資で最優良店舗の称号を取れるという時だったので、3000万円は鼻にもかけられない。

優良企業とされていた西大阪スチールが5億の融資を受けると言い出し、渡りに船と浅野支店長がアポをとりつけ、半沢と部下の中西が西大阪スチールにおもむく。中西が担当になり半沢はサポートについたのだ。

半沢は西大阪スチールの中を見て、優良企業ではないような雰囲気を感じ、支店に戻ってからその旨を支店長たちに訴えようとするが、最優良店舗が鼻先にぶら下がった浅野は、中西に朝までに稟議書を作成するように命ずる。

その日は結婚記念日だったので半沢は妻の「花」に電話するが不満そう。

中西の稟議書は穴だらけだったので、半沢が手直しするつもりでいたが、その前に浅野達が本部の融資部に流してしまう。

半沢は懸念を訴えるが、浅野は「すべて自分が責任を持つ」と言い切る。

ここで最優良店舗をとっておかないと、浅野の役員への道が狭まるので浅野は必死だ。

そして融資は決定。大阪西支店は最優良店舗をとる。浅野達はご満悦。

半沢と花と子供は社宅に住んでいる。社宅ならではの煩わしさもあり、月例会なるものもあり、年若い花をいびる人もいる。

一戸建てを買えと半沢に迫ると、適当に流そうとする半沢に花は「同期の近藤さんは神戸に素敵な家を建てている」と連呼。半沢は苦笑い。

近藤は半沢と同期入行で、優秀な男だったが、周囲からの期待と、上司からのいじめとも言えるプレッシャーでストレス性の統合失調症になり、出世コースから外れる。しかし、比較的穏やかな部署で一戸建ても買い、妻と子供と幸せに暮らしているようだ。

融資から2ヶ月後、西大阪スチールが赤字を出し始め、調査すると融資前の書類が粉飾決算だった可能性がある。

浅野や副支店長は、半沢の責任だと言い始める。結局多額の不渡りを出し、西大阪スチールは倒産。

5億の融資事故になってしまった。

大和田常務に浅野支店長は根回し。半沢に責任をなすりつけようとする

5億を取り返すしか道はない。失敗すると待っているのは「出向」という後戻りのできない左遷への片道切符の可能性がある。

浅野は上司だった大和田常務に根回しし、半沢ひとりの責任にしようとする。大和田もそのつもりで、浅野の最優良店舗賞の剥奪をうやむやにした。

その噂を半沢の同期の渡真利が半沢に教える。

浅野のマンションの前で待ち伏せする直樹。浅野を問い詰めるが、最初は低姿勢だった浅野も開き直り始めた。そんな浅野に半沢は「5億を取り戻したら土下座して詫びろ」と言い放つ。

姿をくらました西大阪スチールの東田社長の行方を探し、連鎖倒産した竹下金属を尋ねる半沢。そこの竹下社長はいままさに首をつろうとしているところだった。

それを止めようとして半沢は弾みで頭を打ち気絶。

その間に昔の夢をみる。

半沢の父が亡くなったのは、当時の産業中央銀行のバンカーが騙したも同然で担保の土地を取り上げようとしたから、半沢の父は首をつったのだった。助けてくれたのはうつみ信金という銀行で、産業中央銀行は父の敵だったのだ。

その産業中央銀行に就職した半沢を母は責めるが、半沢にはなにか目的があるようだった。

目が覚めた半沢は竹下に東田の行方を一緒に探そうというが、竹下は銀行のことも信用していない。東田も銀行も同じだと怒鳴りつける。

半沢は「あなたが首をつっても何もならない。なんとしても東田をみつける。私は人の善意は信じるが、やられたら倍返しだ」と言い放ち、名刺を渡す。

西大阪支店に国税局が査察がいきなり入る。査察は調査対象を隠すためのカモフラージュが多い。コピー機を要求するぜ国税局査察部統括官の黒崎はとても高圧的で嫌なやつだ。銀行をいくつも潰した経歴があるらしい。

半沢はコピー機の中にハードディスクを仕込み、国税局が何を調べているかデータを盗み見る。それは西大阪スチール関係の書類だった。

国税局が西大阪スチールを調べているということは税金を取れるだけの金が西大阪スチールに残ってる可能性が高いということだ。

剣道場で半沢と近藤が打ち合う。近藤が半沢に西大阪スチールの情報をはなし、他にもなにか言いたそうだった。近藤が剣道場にくることはめったにないことだ。

近藤からの情報で、島谷造船という会社に半沢は行く。そこには西大阪スチールの元経理課長がいた。

半沢は警察に告発すると脅しつけ、裏帳簿と東田の居場所を吐かせる。東田は愛人のもとにいるようだ。そのあと元経理課長は心臓が弱く発作を起こす。

その帰り道、渡真利から近藤のことを聞いてないのかと電話を受ける。

新幹線のホームに新幹線がはいり、近藤一家が乗り込もうとしている。どこか地方に出向することが決まったのだ。剣道場で言い出せなかったことはこれだったのだ。

銀行は一度失敗したらやり直せない。

半沢にお前はつぶれるなと言い残し、近藤は新幹線に乗り込む。神戸の自宅はどうなるのだろうか。

元経理課長からの情報で兵庫県の舞子の豪華なマンションに東田の愛人(壇蜜)がいるのを知った半沢はそこに向かう。うまく入り込み、東田のポストに赤い封筒を入れ、ロビーで張り込む。だんみつが赤い封筒を持っているのを確認し、愛人に詰め寄る。その時に東田社長が姿をみせる。

5億を返せ、とにかく銀行に一緒にこいというと、東田はゴルフクラブでなぐりかかろうとする。足払いし、得意の剣道で応戦するが、愛人に不意打ちをくらい、東田と愛人はタクシーで逃げてしまいます。

雨の中、ずぶぬれになりながら東田に言われた「銀行は晴れた日に傘を貸して、雨の日にとりあげる」という言葉を噛み締める半沢。もうここまでなのかと半ば諦めているようだ。

その様子を国税局の黒崎が隠しカメラで見ていた。

部下の中西から電話で、明日本部からの聞き取り調査が行われることを知る。

翌日の朝、はなが青い勝負ネクタイを手渡し、手作り餃子食べ放題なので飲みに行かず帰って来いと明るく見送る。

聞き取り調査に使う場所は威圧感を与える場所だった。何故か渡真利がいて、半沢に「はいと申し訳ありませんでした」以外は言うなと忠告する。

先に聞き取りをされている中西は半沢に責任を押し付けるように誘導されている。

そして半沢が中に入る。聞き取り担当の一人は近藤を病気においやった上司だった。自分たちに都合のいいことばかり言い、口汚く半沢を罵る上司たちに、半沢はついに言い放った。

hanzawanaoki

「責任の一端は私にもあるが、これは完全に浅野支店長の案件でした。あなたたちもそれを知っているのだろう。現場での責任というのなら、なぜ融資本部というものがいるのだ!何のためにあなたたちはいるのだ!こんな茶番はもう時間の無駄です。私は5億を取り戻す」と啖呵をきり、さっそうと出て行く。渡真利は苦笑し、中西は半沢についていく。

そのとき竹下社長から電話があり、「マキノ精器に融資をしてくれたのはあんただろう。銀行は信用しないがあんたは信用する。東田を一緒に捕まえよう」と協力を申し出てくれる。

その姿を頭取の中野がみており、一緒にいた大和田が「彼に5億の価値があるとお思いですか」と訪ねられる。中野は「人の価値を金で判断はできない。銀行の仕事は人を見るのだ」という。中野が去った後の大和田は黒い顔をしていた。

次回へ続く。

途中、端折ったり、間違えている部分がたくさんあると思います。そこはどうぞご容赦くださいね。

感想 

とにかく面白い!あっという間の2時間でした。次回が待ち遠しい。

今回印象に残ったのは、頭取を除く銀行上層部の真っ黒さ加減でした。ホントに銀行の中ってあんなの?バンカーとして優秀なのは人として失格ってこと?

西大阪スチールの東田よりも彼らの方が悪役ですよね。

半沢が倍返し、いや100万倍返し位してくれることを心から望みます。

半沢直樹の原作などの情報はこちら

半沢直樹第2話の詳細なあらすじはこちら

半沢直樹第3話の詳細なあらすじはこちら

半沢直樹第4話の詳細なあらすじはこちら