結婚っておめでたいことですけど何かとお金がかかりますよね。結婚式や新婚旅行の費用はもちろん、新居や家財道具にも結構な額です。

そんな結婚のスタートを応援してくれるうらやましい自治体が日本にはいくつかあるんです。「ホンマでっか」で紹介の結婚すると20万円もの結婚祝い金をもらえちゃう自治体、20万円どころか50万の結婚祝い金がもらえちゃう太っ腹の自治体もあります。

そんな自治体を紹介しますね。

スポンサードリンク


10万円以上の自治体をピックアップしてみました。多分もっとあるはずです。

制度が変わっている可能性があるので、必要な場合は直接各自治体に問合わせてみてくださいね。

 

金額自治体備考(条件)
100万円長野県泰阜村国際結婚、年齢制限、村に定住などの条件があります。普通の結婚祝い金は5万円です。
50万円沖縄県伊平屋村村内で挙式をすれば50万円?未確認
50万円~30万円沖縄県久米島町久米島町内で結婚披露宴を行う場合に支給されます。100人以上が50万円、50人~100人未満が30万円
30万円広島県豊松町結婚祝い金。10年以上定住の意志のある場合。
30万円群馬県東村結婚祝い金10年以上定住の意志のある場合
20万円福島県河内村川内村に定住
20万円群馬県上野村結婚祝い金。婚姻届出から1ヶ月以内に申請
10万円福島県葛尾村


 

条件があるとはいえ結構な金額がいただけるのにびっくりですよね。やはり過疎の傾向がある自治体が若い人を呼び込むための結婚祝い金制度なのでしょうか。

とくに沖縄県の披露宴代を一部負担します。。。のような支援は、本当にびっくりします。確かに県外の人を呼ぶにも経済的な負担がかかるのでありがたい制度なのでしょう。

これほど何十万円単位ではなく数万円の結婚祝い金がもらえる自治体は、結構たくさんあります。

ぜひ一度、自分の住む、または住む予定の自治体を調べてください。いいことがあるかもしれません。

私の住む神戸はホント渋ちんなので、結婚祝い金なんてビタ一文ないどころか、子供の医療費も1歳を超えたらかかってくるんですよね。

これが当たり前だと思っていたので、他の自治体に住む人の話を聞くと、本当にびっくりします。出産祝い金がでるだの、中学生までの子供は医療費がただだの。。。

もちろん結婚祝い金目的でその土地に移り住む人はいないでしょうが、もしも縁があってその土地で生活を始める場合、もらいそこねたら大損ですよね。

結婚祝い金を出す自治体は出産祝い金も多い傾向があります。あわせて調べてみるといいかもしれません。