もうすぐ4月。

子供さんが入園、入学すると同時に、新しく仕事を探すお母さんが多いですよね。

私も、子供が入園してから訪問介護の仕事を始めました。

常勤ではなく登録ヘルパーです。

あれから3年、いいことも悪いこともありましたが、今のところまだ辞めるつもりはありません。

訪問ヘルパーのお仕事内容や本音をまとめてみました。

登録ヘルパーの視点です。

訪問介護のお仕事内容に興味を持っている方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

訪問ヘルパーのお仕事内容

訪問ヘルパーのお仕事ってなんでしょう?

介護の必要な利用者さんの日常生活の支援です。

掃除、調理、洗濯、買い物、入浴介助、トイレ介助、清拭・・・・要するに利用者さんのお世話ですね。

自分の技術にあった利用者さんを紹介してくれます。

ただし、利用者さんの希望通りに何でもしてあげられるわけではありません

あらかじめ決められたケアプランに沿った支援しか行えません。

例えば、ひとりで電車に乗って遊びに行ける利用者さんが、「買い物は面倒くさいから代わりに行ってきて欲しい」というのは基本的にダメです。

訪問ヘルパーの仕事は、あくまで「自立支援」で、お手伝いさんではないのです。

このあたりは介護の資格を取るときや、就業した事業所から、しつこいくらい言われ続けます。

ただ、しっかり理解している利用者さんは少ないですけど。。

訪問ヘルパーの仕事スタイル

訪問ヘルパーには常勤登録と2種類の働き方があります。

常勤さんは事務所に出勤して、そこから利用者さんの自宅に訪問します。

空いている時間は事務所で事務仕事をします。

登録ヘルパーは、基本的に直行直帰で、利用者さんの自宅に訪問します。

空いている時間は自由ですが、お給料は出ません

常勤さんと登録ヘルパーのお仕事スタイルは全く違います。

訪問ヘルパーのお仕事のメリット

職場の人間関係の悩みが少ない

私は登録ヘルパーなので、仕事は基本的に直行直帰です。

上司や同僚と顔を合わせるのは月に数度です。

利用者さんとの関係さえ良好なら、職場の人間関係の悩みはほとんどありません。

家事と両立しやすい

利用者さん宅で仕事をしているとき以外は自由です。

仕事の合間の空き時間で、布団を干しに家に帰ったり、買い物をしたり、子供を留守番させている場合は様子を見に帰ったり。

家事と両立しやすいですね。

ただし、その時間はお給料は出ませんよ。

休みをとりやすい

これは事業所によると思いますが、子供の病気や幼稚園・学校関係での休みはとりやすく、家の都合で1ヶ月ほど休むなんてことも可能です。

逆にお休みする人の穴埋めで、急にお仕事を頼まれることもよくあります。

時給が飛び抜けて高い事業所は、休みを取りづらい傾向があると言われています。

時給がそこそこで、登録ヘルパーの人数を揃えている事業所は休みが取りやすいようですね。

事業所を決めるときによく確認すべきポイントです。

訪問ヘルパーのお仕事のデメリット

収入が安定しない

利用者さんが入院したり、支援が必要なくなったり、亡くなったりしたときは、お仕事が減りますので、収入が安定しません。

代わりのお仕事を入れてくれたりもしますが、遠かったり、技術的に難しかったりもするので、月の収入の変動は大きいです。

稼ぐ効率が悪い

利用者さんを訪問している時間しかお給料になりません。

通常は2時間以上のサービスはないので、6時間分の時給を稼ごうと思えば、3件入らなければなりません。

移動時間や空き時間も結構あるので、稼ぐには時間的なロスが多いです。

介護施設など、決まった時間にまとまって仕事に入るほうが、効率的に稼げます。

訪問ヘルパーは施設勤務に比べて少しだけ時給が高いのは、そのせいかもしれません。

利用者さんとのお別れが急

これは結構辛いです。

長い期間どんなに信頼関係を築いても、急に会えなくなることが本当に多いです。

急に入院されてそのまま・・・だとか、事業所の都合で他の利用者さんに行くことになるとか・・ですね。

亡くなった場合も、ヘルパーは基本お葬式などには行けません。

仕事時間中だけの関係・・・と割り切っていないと辛いですね。

一期一会を胸に刻んで仕事をしています。

現役ヘルパーの本音

お給料面はやっぱり不満がありますね。

月々の収入は安定しないし、時間的なロスも多い。

毎月これだけは稼ぎたい!

と決めている方には不向きだと思います。

事実、それが理由で何人ものヘルパーがすぐに辞めていってます。

ただ、人にもよるでしょうが仕事上のストレス度は低いように思います。

決められた時間だけ仕事をすれば、あとは気持ちの切り替えが効きやすいですね。

私が担当している利用者さんに心底嫌な方がいないからかもしれません。

どなたも尊敬できる立派な方ばかりで、人生の先輩から教わる事が本当に多いですよ。

気難しい利用者さんから「やっぱりあんたじゃないとあかんわ」などと言われた日には、涙を抑えるのに必死でした。

誰にでもオススメの仕事!とは言えないですが、ハマると結構面白い仕事ではあります。

合わなければ辞めればいいことですので、介護の資格があって、興味があるならトライしてみるのもいいかもしれません。