阪神間の主婦のみな様。

ソワソワする季節がすぐそこに迫ってますね。

スーパーでは、醤油やザラメやタッパがこれみよがしにディスプレイされ、あとは主役のお出ましを待つばかりになりました。

そうです。いかなごのくぎ煮の季節がやってまいりました。

あと一週間もすれば、あの独特の匂いが町内中に立ち込めることでしょう。

今年の解禁日はいつ?

いかなごのシンコ(稚魚)の解禁日は、毎年2月の終わりから3月の頭頃です。

漁師の皆さんが試験操業を行い、稚魚の生育状態を調べて、GOサインが出たら晴れて解禁になります。

日曜日は禁漁なので、週末か週明けが多いようですね。

今年(2014年)は2月28日(金)が解禁日です。

誰よりも先にいかなごのくぎ煮を作るんだ!

と、意気込んでいる人は、やっぱり明石の魚棚に走るようです。

今はネットで予約もできるようですよ。

そこまで気合が入ってない人は、スーパーでの入荷を待ちます。

スーパーでも入荷する時期や時間は要チェックですね。

せっかく買いに行ったのに品切れになっていることはザラです!

店員さんに聞いてみるのが一番ですね。

私が初めていかなごを炊いた日

私は生まれも育ちも神戸ですが(ただし山側)、いかなごを初めて炊いたのは30代も後半になってからです。

母が「いかなご?そんなん誰かがくれるやろ~。」という考えの人だったので、家では炊いたことがありませんでした。

そして確かに毎年誰かからは頂いていました。

でも本当はいかなごのくぎ煮は家々で交換するものらしいです。

結婚してご近所さんと付き合ってみると、毎年きちんといかなごのくぎ煮を炊く人の多いこと多いこと。

私よりもうんと若いお嬢さんにもかかわらずです。

そしてお裾わけをいただくのですが、私の母方式で「もらいっぱなし」でした。

もちろん別のものでお返しはしてましたけどね。

だんだん、これではまずいかも?と危機感を募らせ、ついにいかなごのくぎ煮を炊くことになりました。

いかなごのくぎ煮の失敗作とは?

いかなごのくぎ煮って、要するにいかなごに醤油と砂糖をいれて煮詰めるだけの単純な料理なのですが、失敗することも結構多いんです。

焦げ付かせたりしない限り、不味くて食べられない・・・なんてハメにはなりませんが、いかなごのくぎ煮はズバリ「見た目」です。

ツヤツヤと飴色にコーティングされて、1匹1匹がピンとしているのが最高です。

ツヤがなく、いかなご同士がボソッと固まっている感じのものは失敗ですね。

ikanagokugini

祖母がよく失敗した感じのいかなごのくぎ煮を作ってました。

母は「これは不出来やなぁ」とか陰でよく言ってました。

自分は作ったことないくせにね(笑)

ママ友さん直伝!失敗しない!超簡単レシピ

はじめて炊いた私のいかなごのくぎ煮は大成功でした。

母も祖母も旦那もご近所さんも、みんなに褒めてもらえました。

それから何回か作ってますが、失敗したことは一度もありません。

ママ友さんに教えてもらった超簡単レシピ。よかったらお試し下さい。

  • いかなご1kg
  • 濃い口醤油200cc
  • ザラメ 250g
  • 料理酒 30cc
  • みりん 30cc
  • しょうが(千切り) 50g
  1. いかなごを水洗いして、ザルにいれて水切りする。
  2. 鍋にしょうが以外の調味料をいれて沸騰させ、しょうがを入れてから再沸騰させる
  3. いかなごを手で少しずつすくい、鍋の中に撒くように入れる。
  4. いかなごを全部入れたら、落し蓋をして強火で20~30分。吹きこぼれに注意。
  5. 強火で炊いているときに、絶対に箸で混ぜたりしないで、触らず待つこと。
  6. 調味料液が少なくなりいかなごが見えてきたら、弱火にして煮汁がなくなるまで炊き上げます。

以上

やってみると本当に簡単で拍子抜けしますよ。

これは1kgで炊く場合です。2kg、3kgと炊く場合に、調味料を2倍、3倍としても同じ結果になるとは限りません。

何キロも一度にキレイに炊く方法は私にはわかりません。

.

しょうがはお好きな分量で、ザラメは100g増やすと甘めに仕上がります。

オプションでは、クルミ、ハッサクの皮、実山椒などを入れるとわが家だけの味になります!

私のオススメはクルミをくだいたものと、ハッサクの皮の千切りを6の段階でいれます。

くるみの歯ざわりとハッサクの香りのハーモニーが抜群です!

いかなごのくぎ煮の日持ち

いかなごは1kgで炊くことが多いですが、出来上がりの量はなかなかのものです。

おすそ分けしても、同じくらいいただくことも多いので消費が大変と思われがちです。

いかなごのくぎ煮は保存食ですので、長期間の日持ちができるように作られています。

常温でも1ヶ月くらいは持ちますし、冷蔵庫に入れておけば半年位は普通に持ちますよ。

冷凍庫に余裕があれば冷凍して、食べる分だけお皿に入れて自然解凍すれば、一年でも大丈夫です。

いかなごを炊いてみたいなぁ・・・と思っていた方のお役に立てれば幸いです。