ブログ運営にはGoogle Search Consoleが心強い師匠ですが、この師匠、たまにわけの分からない指導をしてくれます。

今回のお題はこちら「noindexタグ」

スポンサーリンク

送信されたURLにnoindexタグが追加されています

このブログではなく、運営して2ヶ月ほどのブログにこんな警告が届きました。

「Search Consoleを使用してインデックス登録対象範囲件の問題を修正」の青いところをクリックすると下記の画面になりました。

送信されたURLにnoindexタグが追加されています。

 

noindexタグって?

noindexタグというのは、グーグルの検索結果にそのページを表示させなくするタグです。

 

そんなタグを設定した覚えはないのですが、「sitemap.html」というページにそのタグが設定されているよ・・と師匠はおっしゃっているんですね。

 

このままだとブログ自体の検索順位にかかわるかもしれませんよ?

それでいいんですか?

・・

よくない!

 

だいたいsitemap.htmlというページは管理画面に存在しないんですけど!?(゚Д゚)

 

存在しないページの中のnoindexタグをどうしろと?

 

検索しまくって、ようやく参考になりそうなサイトを発見。

スポンサーリンク

プラグインの設定の変更でOK?

”sitemap”をグーグル師匠に送信するプラグインXML-sitemapの設定を変えると、このエラーが解消するらしいので、早速やってみました。

 

  1. ワードプレス左側メニューの「設定」からXML-sitemapの設定画面を開きます。
  2. HTML形式でのサイトマップを含める・・のチェックを外して設定を更新

これでSearch Consoleに戻ると、新たなこんなメッセージが通知されていました。

サイト http://kobehatusyufu.com/ の インデックス カバレッジ に関する問題の修正を確認しています

しばらくすると解消されるのか?

ただいま様子見中です。

 

HTML形式でのサイトマップを含める・・をチェックしたままだと、sitemap.htmlが生成されてSearch Consoleに送信されます。

 

でも本来必要なsitemap.xmlと同じ内容なので、重複コンテンツとされるかもしれないので、XML-sitemapのプラグインが、自動的にnoindexタグをつけているということのようです。

 

今まではそんな通知来なかったのになんで?とおもったら、Search consoleがつい最近リニューアルされていたのでその関係かもしれません。

 

どうか何事もなくエラーが修正されていますように・・。

結果が出たら追記しますね。