最終回を迎えて2週間が経つのに「半沢直樹」の余韻はまだ衰えていません。

最近テレビで片岡愛之助さんをよく見かけます。

片岡愛之助さんといえば、「オネエ」の黒崎ですよね。

あるときは国税庁の役人、あるときは金融庁の検査官として半沢直樹の前に立ちはだかる強敵でした。

kurosaki1

黒崎は気に食わないと部下の急所を鷲掴みにして攻撃する特技(?)を持っていましたので、てっきり女性には興味ないと思ってたのでしたが・・・・

最終回では意外な一面をみせてくれて驚愕しました。

オネエじゃなかったの??↓

半沢直樹第10話(最終回)ネタバレ詳細なあらすじと感想をレポート

片岡愛之助はご存知の方も多いと思いますが歌舞伎役者です。

実際のところ片岡さん本人も「おネエ」ではないかという疑惑がつきまとっていますが、本人がそれをはっきり否定しています。

「声を大にして言います。僕は“おネエ”ではないんで。勘違いしている人も結構多いので」

あの急所シーンも、すごーく抵抗があったようですよ(笑)

そして黒崎のキャラクターは愛之助の弟子の愛一郎から取ったりしていたみたいです。

愛一郎はとても面白いキャラクターの持ち主らしく、それがあの黒崎の一部だったかもしれないなんて考えるととても面白いですね。

交際中の熊切あさみとは?

歌舞伎界というのは女性スキャンダルが付き物のような気がします。

片岡愛之助もずいぶん前に「隠し子」がいることが発覚しました。

愛之助が20代のころに交際していた水商売の女性との子供らしいです。今はもう中学生くらいになっているはずですが認知はしてないようです。

どういう経緯でそうなっているかはわかりませんが、やっぱり歌舞伎界というのは後継者問題があるので、難しいのでしょうか。

今期の夏ドラマで結構好きだった「ぴんとこな」も歌舞伎界のお話でしたが、あやめちゃん苦労しそうな気がしますねぇ。恭之助は大丈夫でしょうかねぇ。

ぴんとこな特集 各回のあらすじや関連記事

現在は熊切あさみと交際していることが公けになっています。

8月に都内で行われた「ゆるキャラ」のイベントに出た熊切あさみは、イベントの後のインタビューでこんなコメントを残しています。

ゆるくないと思いますよ~。スゴイ恥ずかしい……。汗かいてきちゃった。

(片岡はゆるキャラ?という質問に対して)

してないです! 普通のカップルです(同棲報道に対して)

昔はあったけど、その年齢を過ぎちゃったから焦ってません。子どもは欲しいけど、なるようになれば(結婚願望に対して)

.はい! 普通に幸せです。(幸せ?という質問に対して)

 

愛之助サイドでは9月29日の「おしゃれイズム」の中で、早期結婚の可能性を否定しています。

熊切あさみの経歴が梨園に嫁ぐには難しいということなのでしょうか。

片岡愛之助は一弥と同じで養子

愛之助は1972年に歌舞伎とは無縁の家庭に生まれました。

なんだか聞いたことのあるエピソードだなぁと思っていたら
「ぴんとこな」でした。

恭之助のライバルの一弥も歌舞伎とは無縁の家庭に生まれ、婿候補として轟屋に入ります。

そこでまぁ色々と苦労をするのですね(笑う)

ぴんとこな特集 各回のあらすじや関連記事

.

愛之助は片岡一門の部屋子になります。

1993年に片岡の養子となったことを機に六代目片岡愛之助を襲名したのです。

ちなみに本名は片岡 寛之さんです。

ぴんとこなも一弥の設定を愛之助の境遇を参考にしたのかなぁなんて勘ぐってしまいます。

「黒崎」の演技でますます有名になった片岡愛之助。

これからもどんどん活躍して欲しいものです。応援しています。