今年の敬老の日は9月16日です。敬老の日の由来ってご存知ですか?

敬老の日の基本ポリシーは「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことです。結構の紆余曲折があって今に至っています。

1954年に「としよりの日」として制定(9月15日)→この名称に各地で議論が起こります。

1963年に「老人の日」に改称→語呂が悪いからと評判がよくない

1964年に「敬老の日」と改称

1966年に国民の祝日に制定

2003年に9月15日より、9月の第3月曜日に変更→ハッピーマンデーのため。

ただし本来の9月15日から第3月曜日に移すにあたって、高齢者団体からの反発が結構あって、9月15日を「老人の日」としてそれ以降1週間を「老人週間」としているそうです。知らなかったです。。。

keirounohi

 

敬老の日の由来

なぜ9月15日が敬老の日として制定されたのでしょう。それはなんと奈良時代までさかのぼります。

聖徳太子が悲田院というお年寄りや体の不自由な人を救うための施設を開いたのが9月15日と伝わっているからです。

この元祖老人ホームの悲田院はその後も度々建てられていて、一番有名なのが聖武天皇の皇后、光明皇后が開いた悲田院ですね。

聖徳太子の悲田院は日本発と言われていますが、記録上には残っていません。光明皇后の悲田院が記録上では最古です。

そして実は敬老の日の9月15日が、聖徳太子の悲田院にあやかっているというのも俗説のひとつで、確かな話ではありません。

もうひとつの有名な俗説は、元正天皇が岐阜県の養老の滝へ行った際に、霊亀3年を養老元年にして、高齢者に贈り物をしたのにあやかったという説。

でもおかしいですよね。「としよりの日」として制定されたのが1954年なのだから、半世紀以上前とはいえ戦後なのだし、制定した時の記録とか残ってないのでしょうか。

1954年に制定される前の動きはどうなのでしょう。

1947年(昭和22年)に兵庫県の多可郡で「としよりの日」が始まりました。「お年寄りを大切にして、その知恵を活かして村づくりをしよう」というのが主旨のようです。農閑期で気候もいい9月15日をその日に定め、お祝いをしていました。それが徐々に全国に広がって、ついに「としよりの日」として制定されたのです。

この経緯の中には聖徳太子も養老の滝も出てきません。

おそらくは後付けでそれらしい伝説と結びつけた俗説が出回った・・・のじゃないかなぁと思います。

せっかくの敬老の日、おじいさんやおばあさんとゆっくりお話して、長く生きてきた方の「人生の機微」などを味わいたいですよね。

ちょっとしたプレゼントを持って訪問するときっと喜ばれますよ。

もらって嬉しい敬老の日のプレゼントの記事はこちら