わが子は可愛い、愛おしい、自分の命に代えても守りたい。

たいがいの親は心からそう思っています。

だけど、うっとうしい、わずらわしい、自分の時間がない、一人になりたい、ゆっくり眠りたい、どこかに行ってくれたらいいのに・・・etc

2013-06-23_212411

愛おしいと思う気持ちと同時にこんなことも思っていたりします。少なくとも私はそうですね。

私には娘がいます。来年からは小学校なので、子育てもとりあえずはひと息ついています。怒鳴ることも少なくなったし、夜もゆっくり眠れます。

でも、去年くらいまではしんどかったです~。夜は寝ぐずりするし、夜中に突然泣き叫ぶこともしょっちゅうでした。外出先でもトイレを嫌がらなくなったのもついこの間だったし、旅行先でトイレを嫌がって一日に4回もお漏らししたときは、ひと目もはばからず怒りまくってました。

 

一番辛かったのは虐待と間違えられて通報され、夜中に警察が自宅に来た時でした。

2歳の夏、寝ぐずりした娘は夜の11時位に泣き始めました。適当にあやして15分位でまた寝たのですが、泣き声は結構大きかったです。すぐに窓を閉めればよかったのに、うっかりな私はすっかり忘れてしまってました。娘も寝て、そのあとすぐに私も布団に入りました。

12時を過ぎた頃にピンポーンとチャイムがなります。びっくりして恐る恐るインターホンを取ると、なんと警察でした。

子供が泣き叫ぶ声でご近所から通報がいったそうです。

最初はびっくりしながらも、何がなんだか分からず、夫を起こし、警察の方に中に入ってもらいました。

普通にスヤスヤ寝ている娘を見てもらい、寝ぐずりした鳴き声であったこと、虐待などしていないということを説明しましたが、話しているうちに涙がポロポロ溢れ出し、あとは夫に対応してもらいました。

もちろん、その夜は眠れません。

ご近所の誰が通報したのかわかりませんが、私は普段から虐待と疑われるような育児をしていたのか、いや、私の育児はやっぱり虐待なのかも。これくらいどこの家庭でもしていると思っていた怒ったり泣かせたりすることは、虐待と定義されるようなことなのか。こんな母で申し訳ない。消えてしまいたい。

それはそれはネガティブな沼に沈んで、朝まで浮上できませんでした。

通報された方も心配してくださったのでしょうけどね。

ひどい虐待で命を奪われる子供のニュースが世間を賑わせる今、「間違えてもいいから通報を」が浸透しているのかもしれません。

それは正しいことだし、それによって救われる子供もいるでしょう。「間違えてもいいから通報を」は本当に正論だと思います。

でも、あの出来事は本当に辛かったです。今も思い出すだけで泣けてきてしまいます。

虐待の疑いをかけられるということは、母親にひどいダメージを与えることは間違いないです。

そんな育児の暗黒期を乗り切った方法(いや、でも普通に娘は可愛かったし、今も可愛いし、育児の幸せもたーくさん味わってますよ)を紹介しますね。

 

 

とにかく他のお母さん達の同じような気持ちを知る

これだけです。

スイーツを食べたり、テレビをみたり、子供を預けて遊びに行っても、一時的なリフレッシュでしかなく、辛く黒い気持ちを何とかするのはこれしかありませんでした。

気のあうママ友に話を聞いてもらうのもいいかもしれません。

でも、「え~~・・・。私はそこまで腹立たないかな」・・・などと言われたら余計に落ち込んでしまいます。

だからおすすめは「ネットで同じような育児の愚痴をよみあさる」です。

2013-06-23_212645

あ~私だけじゃないんだ。

こんなふうに思っている人たくさんいるんだ。

なんだ。私なんてまだいいお母さんじゃない。

こんなふうに自分の中で、黒い気持ちに整理がついていくんです。

検索の方法としては、「虐待 間違えられた」「夜泣き 辛い」「子供 鬱陶しい」など、今の自分の気持ちをキーワードにしてググり、同じような気持ちの人のブログを探すのもいいですね。

個人的に超オススメなのが芸人のくわばたりえさんのオフィシャルブログ「くわばたりえのやせる思い」です。

トップページの文章がいいです。お母さんの辛い気持ちをすべて代弁してくれていて寄り添ってくれます。弱っているときは読むだけで泣けてきますよ。

ベネッセのウィメンズパークや、発言小町など、大手の掲示板はたくさんの人が利用しているので、自分の気持ちにあった記事を探すのも簡単です。

心がスーっと軽くなって涙がボロボロ出て来るような、あたたかでやさしい記事に出会えることもたくさんありますよ。

勇気があれば自分の気持ちを投稿してみるのもいいかもしれません。ただし、人の気持ちを逆なでするいや~なことを書いてくる人もいるので、そこはうまくスルー出来るような心構えが必要です!

ネットを利用するときは心をざわつかせる意見は華麗にスルー!これ基本です。

子育てをしているお母さん、もしくはお父さんは、自分でいうのも何ですが、なによりも大変で尊い価値ある仕事をしています!

2013-06-23_213751

つらいこともたくさんですが、自分の気持ちも大切に、胸を張って日々を過ごしていきましょうね。