あなたは紅茶がお好きですか?

私はコーヒーも緑茶もジャスミンティーも、
嗜好飲料はどれでも大好きです。

が、なぜか最近は紅茶にはまっています。

紅茶の香りはやる気をアップさせてくれますし、
なんとなく優雅な気持ちになれるんですよね。

コーヒーは内省的になりますが、
紅茶は他者とコミニケーションを取りたくなります。

気のせいかと思ってましたが、
紅茶はコミニュケーション力アップの効果が
実験で確かめられているそうです。

 

先日、あさイチで紅茶の特集をやっていました。

美味しい紅茶の入れ方のコツをやってましたが、
それがおどろくほど簡単でびっくりしました。

 

おいしい紅茶の入れ方

おいしい紅茶の入れ方の手順は次のとおりです。

  1. 紅茶ポットにティースプーン3杯の茶葉を入れる
  2. 水道水をヤカンで沸かし、沸騰直前で火をとめる
  3. ポットにヤカンのお湯を入れて3分蒸らす

以上です。

シンプルですよね。どこに秘密があるのでしょうか。

一番大切なポイントはどこだと思いますか?

茶葉の量?蒸らし時間?

いえいえ。

一番大切なのは、沸騰直前で火を止めるというところなんです。

おいしい紅茶を入れるのに最適なお湯の温度は
95℃なんです!

私の愛用しているにティーバッグには、
沸騰したてのお湯をいれてくださいって
明記してるんですけどね。

 

なぜ95℃なのか

さて、どうして95℃がいいんでしょうか?

それはお湯の温度によって、
水中の酸素濃度が変わって来るからです。

理科がとても苦手な私には難しい単語が出てきました・・・。

酸素濃度?

どうしてそれが紅茶の味を変えるのか??

さっぱりわかりませんでしたが、さすがあさイチ、
私にもわかりやすく説明してくれました。

酸素濃度が違うということは、
お湯の中の泡の量が違うということなんです。

水泡が茶葉のまわりにくっついて、
紅茶の茶葉の「ジャンピング」を助けてくれるんですね。

「ジャンピング」は、紅茶のコマーシャルか何かで
聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

紅茶の茶葉がポットのお湯の中で、
浮いたり沈んだりすることですよね。

茶葉が活発に「ジャンピング」することによって、
紅茶の味や香りを十分に引き出してくれるということなんです。

水はほぼ室温の20℃だと酸素濃度は100%です。

温度が高くなるにつれて酸素濃度が低くなり、
95℃になると酸素濃度が20%、
100℃になると10%以下まで落ち込みます。

酸素濃度が20%のとき茶葉のジャンピングが、
一番活発に行われるということなんです。

お湯の温度が100℃になり酸素濃度が10%になると、
茶葉があまりジャンピングしなくなり、
結果的に紅茶があまり美味しくなくなるということですね。

たった5℃の違いでお湯の中では
こんなに変化があるんですよね。

でも。。。95℃って温度計で測らなくっちゃいけないんでしょうか。
正直面倒くさいですよね~。

 

95℃のお湯の状態

理科室の実験では温度計で測るものでしょうが、
紅茶を入れるたびに温度計で測るのは出来ません。
少なくとも、めんどくさがりを自負する私には無理です。

でも、心配ご無用!

お湯の状態を観察していると
「今!」という時がはっきりわかります。

お湯の温度が90℃になると、小さな泡がプツプツと出てきます。

95℃になると浮き上ある泡の数が突然増えます。

このときに火を消して、すばやく紅茶ポットに注ぐとOKです。

もうひとつの目安としてお湯の「音」もわかりやすいですよ。

90℃だとポコポコっていう感じの音です。
95℃になるとボコボコボコと急に音が大きく増えます。
その時が火を消すタイミングです。

観察しているとホントにすぐにわかりますから
試してみてくださいね。

温度設定をしてくれる電気ポットをお持ちでしたら、
それでもOKです。

95℃に設定してそのお湯をすぐに使えば
美味しい紅茶が入ります。

ただこの時に注意する点は、
新しい水から沸かすということです。

おいしい紅茶をいれるコツは温度ですが、
水の状態も大切なんです。

 

おいしい紅茶をいれる水のポイント

やっぱりおいしい紅茶を入れるには、
「富士山の水」とか、「浄水器」を通した水とかが
必要なのかなとも思いますが、
そんなことはありません。

水道の水で十分美味しく入れられます。

むしろペットボトルのミネラルウォーターよりも、
水道水の方がベターなくらいです。

その理由はやっぱり酸素濃度なんです。

水道水の酸素濃度は100%ですが、
ペットボトル詰めされている水は酸素濃度60%ほどです。

同じ95℃に沸かしても、
元の酸素濃度が違うので水泡の量が変わってきます。

それでも美味しいペットボトルの水で入れたいときは、
ペットボトルの中の水を少し減らしてよく振り、
酸素を含ませてから95℃に沸かすと大丈夫ですよ。

 

実際に試してみました!

知識だけ増やしても実際に自分で試してみないと
生きた知恵にはなりません!

というわけで、95℃にこだわって紅茶を入れてみました。

使ったのは特売で売っていた日東のティーバッグで、
ポットさえ使わずにマグカップに直入れです。

お湯を沸かすのはヤカンではなくティファールです。

泡が突然増える時を狙って、
マグカップに注ぎ、3分待ちます。

するとどうでしょう!

確かに沸騰したお湯を使った時よりも、
紅茶の香りがよく出ていました!

ティーバッグだけでなく、
とっておきのダージリンでも試してみました。

やっぱり、香りが全然違います。

95℃、使えます!

自信を持ってオススメします。