前田知洋(まえだともひろ)さんのマジックご覧になったことありますか?24日放送の世界の仰天ニュースでも出演されています。

maedatomohiro

彼のマジックの特徴は、ステージではなく観客のすぐそばで観せるマジックです。観客がすぐそばでどれだけ目を凝らして見ていてもさっぱりタネが分からず、目の前で繰り広げられるマジックに翻弄されてしまうんですね。

ちなみにこのタイプのマジックのことを「クロースアップマジック」といいます。

日本ではこのタイプのマジシャンは前田知洋の前にはいなかったそうです。

前田知洋の経歴はこちらです。

東京都品川区で生まれ、小学校中学校と品川で暮らしていました。

大学卒業後の1988年、ロサンゼルスでアカデミィ・オブ・マジカルアーツのオーディションに合格しました。その後マジック専門の会員制クラブというものに出演します。

日本へ帰ったあとは「タイクーン」というレストランで専属のマジシャン契約を結びました。ちなみに契約金は2000万円だそうです。

その後様々な賞を受賞して今にいたっています。

 

マジック界のことはよくわかりませんが華々しい経歴ですよね。

アメリカに留学する前はナポレオンズのアシスタントもしていたそうです。

 

前田知洋のトランプマジック「スリーカードモンテ」の種明かし付き動画を見つけました。練習すればできるようになるかも?この動画でマジックしているのは本人ではありません。

[youtube]http://youtu.be/TEbOoQrX5oY[/youtube]

 

マジシャンになるには?

どうすれば彼のようなマジシャンになれるのでしょう?前田知洋の場合は大きなオーディションに合格したというのがチャンスだったのでしょう。

マジックの賞を片っ端から狙っていくというのも手っ取り早いかもしれません。もちろん実力がなければ話になりませんが。

最もオーソドックスなのがやっぱりマジシャンに弟子入りでしょうか。そこで技を磨きつつ人脈もゲットしていって知名度をあげるという古典的王道です。

他にはとにかくマジックに関係あるところに顔を出し続けてやっぱり人脈を作ることのようです。例えば、マジック用品売り場で催される実演演技に通いつめ、そこの業者さんと仲良くなって自分の名前を覚えてもらうとかですね。

でも基本は実力ですよね。大体のマジシャンは自分の家で勉強と練習に励み、外でチャンスをうかがう、そんな感じでのデビューのようです。

実力と熱意とチャンスです。