スポンサードリンク
スポンサードリンク

2013-06-26_151123

はまりにはまっていた「空飛ぶ広報室」がハッピーエンドで終わって、嬉しかったのですが、少し虚脱状態です。

しかし!次回の日曜夜9時は、大好きな堺雅人さんの主演ドラマ「半沢直樹」がスタートします。 初回の詳しいあらすじはこちら

2013 06 26 151123 ドラマ「半沢直樹」 あらすじを予習して堺雅人の演技を堪能します。7月7日(日)夜九時スタート!

堺雅人さんが出るのならどんな内容でももちろん見るつもりですが、せっかくなので「半沢直樹」の予習をして、どっぷりドラマに浸かろうと色々調べてみました。

 

「ドラマ「半沢直樹」 あらすじを予習して堺雅人の演技を堪能します。7月7日(日)夜九時スタート!」の続きを読む »

半沢直樹

2013-06-26_125604

傑作ぞろいだった春のドラマも終わってしまい少し抜け殻状態ですが、7月スタートの夏ドラマも期待できそうなものがたくさんです!

1クールにひとつは笑えるドラマを見たいので、情報をあさっているとこれは期待できそう!というドラマを発見。

その名も「ぶっせん」

ぶっせん?なんじゃそりゃ?ってな名前ですが、「仏教専門学校」の略みたいですね。そのままですけど。

「笑えるドラマ「ぶっせん」 漫画原作なので絶対面白そう。2013年7月16日スタートです。」の続きを読む »

気になるドラマ

Zemanta Related Posts Thumbnail

今、とてもとても興奮しています!

何気なくヤフーニュースを見ていたら赤毛のアンが来春の朝ドラに!とあるではありませんか。赤毛のアンを朝ドラにって外国人の新人女優がヒロイン?などと軽く混乱していると、赤毛のアンの翻訳者、村岡花子さんの半生をドラマにするみたいです。

タイトルは「花子とアン」

花子とアンのブログ作りました!
花子と赤毛のアン
各回のあらすじと感想、史実との比較、赤毛のアンの話などてんこ盛りです。

結構歳をくってる私ですが、赤毛のアンは一番の愛読書なので、来春の朝ドラ、本当に楽しみです。

で、村岡花子役に吉高由里子が抜擢されました。

yositayuriko 174x300 赤毛のアンが朝ドラに。村岡花子役に吉高由里子ってミスキャスティングのような気が。

「赤毛のアンが朝ドラに。村岡花子役に吉高由里子ってミスキャスティングのような気が。」の続きを読む »

気になるドラマ

kazinamijinja

もはや私の愛読書の一冊になっているこの本↓

 絶対にみてはいけない神様 神津島の二五日様

沖縄の新城島の豊年祭の次に気になったのは、神津島の二五日様というお祭りです。

神津島は伊豆諸島の真ん中に位置する島で、人口は二〇〇〇人ほど、マリンアクティビティの盛んな観光にうってつけの島です。

江戸時代は、伊豆諸島の他の島の例にもれず流刑地でした。小西行長の養女「ジュリアおたあ」もキリストへ信仰を捨てずに、この地に流されました。このおたあを祀る「ジュリア祭」も毎年行われているそうです。

「絶対にみてはいけない神様 神津島の二五日様」の続きを読む »

気になるお祭り, 知って楽しい雑学

Zemanta Related Posts Thumbnail

奇祭って、テレビでしか見たことのない遠い土地で行われるお祭りってイメージでしたが、すぐ身近で行われていることも結構あるようです。

岡山県美作市梶並にある「梶並神社」は、普段はほとんど観光客もいない静かな古社ですが、10月の最初の土曜日に開催されるお祭り「当人祭」(とうにんさい)には、たくさんの人が押し寄せます。

岡山県重要無形民俗文化財にも指定されていて、とても歴史の古い由緒あるお祭りです。

母の実家が梶並神社の氏子なのでお祭りをとても楽しみにしていたそうです。私は子供の頃からしょっちゅう祖父母の家に遊びに行ってたのですが、学校の関係や母の仕事の都合で一度もお祭りに行ったことはありませんでした。

「岡山県の奇祭 梶並神社の「当人祭」」の続きを読む »

気になるお祭り, 知って楽しい雑学

yoshitsunegazo

前回は、証拠写真の残っている日本史でのイケメンさんたちを紹介してきました。

幕末から明治にかけては写真が残っているので、わかりやすいですよね。

でも。。。本当はもっと前の時代のイケメンさんたちの方に興味がそそられています。

私が日本史が好きなのは、人物も建物もほとんど当時のものを正確に伝えるものがないってことかもしれません。

例えばローマ時代だと、石の建造物のせいか2000年以上前の街並みの名残が残ってますよね?彫刻や絵も写実的だから、当時の人の顔が結構リアルに想像出来ます。

日本ではわずか100年前の町並みでさえ、想像するのが難しいほど変わってしまってます。 肖像画にしたって、なんとなく顔の特徴は捉えているにしても、実際どんな顔をしているのか、想像しにくいですよね。

「歴史上のイケメン 日本史(肖像画と文献より)」の続きを読む »

気になる歴史

2013-06-23_212411

わが子は可愛い、愛おしい、自分の命に代えても守りたい。

たいがいの親は心からそう思っています。

だけど、うっとうしい、わずらわしい、自分の時間がない、一人になりたい、ゆっくり眠りたい、どこかに行ってくれたらいいのに・・・etc

2013 06 23 212411 子育てがしんどい時。がんばってがんばってるあなたへ

愛おしいと思う気持ちと同時にこんなことも思っていたりします。少なくとも私はそうですね。

「子育てがしんどい時。がんばってがんばってるあなたへ」の続きを読む »

子育て

園児の娘を迎えにバス停に行く前、ローソンでふと手にとった「知られざる日本 離島の謎」という本。面白すぎてバス停で本気読みしていたら、園ママたちにドン引きされました(>_<)

 沖縄・新城島の豊年祭 現代日本でこんな秘祭があるんでしょうか
日本の離島の伝説や奇祭、奇習、珍スポットをこれでもかというくらい紹介してくれています。

その中で最も惹きつけられ、今も興味が尽きないのが、沖縄県の西表島の近くにある「新城島(あらぐすくしま)」の豊年祭というお祭りです。

2013 06 23 083618 300x172 沖縄・新城島の豊年祭 現代日本でこんな秘祭があるんでしょうか

観光客立ち入り禁止の「人魚神社」といわれる神域があり、土地の言葉で御嶽(うたき)と呼ばれています。

ningyozinja 沖縄・新城島の豊年祭 現代日本でこんな秘祭があるんでしょうか

「沖縄・新城島の豊年祭 現代日本でこんな秘祭があるんでしょうか」の続きを読む »

気になるお祭り, 知って楽しい雑学