もはや天気予報と同列に予報される大気汚染物質pm2.5。

これよりも更に恐ろしいpm0.5という物質が明日にも中国から日本に大量飛来してくるそうです。


スポンサードリンク

pm0.5とは?

お恥ずかしい話ですが、私はpm2.5さえどういうものか分かっていません。私がわかる範囲でちょっと調べてみました。

色々難しそうなのですが、ひとことでいうと「大気中に漂う花粉よりも小さな有害物質」らしいです。

この小さな物質は、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩・・・・その他もろもろの成分の混合物なのです。

直径は髪の毛の太さの30分の1くらいで、もちろん花粉と違って目にはみえません。

排気ガスや黄砂、工場から出る排煙など色々な原因で産出され、なおかつ人体に影響を及ぼす小さな物質を粒子状物質(リュウシジョウブッシツ)と呼びます。

粒子状物質は大気汚染物質とほぼ同じ意味のようです。

そしてその粒子の大きさや人体への影響度によってpm2.5とかpm0.5とか数値がつけられるようです。

pm2.5が特に有名な大気汚染物質として有名ですね。

日本でも高度経済成長期には多くのpm2.5をだしましたが、現在では厳しく規制されています。

中国では規制が甘く、大量の大気汚染物質を排出して、中国国内のみならず日本にまで飛来しているという状態なのです。

で、pm0.5とはどういうものかというと、pm2.5よりも小さい物質ということですね。

花粉がバスケットボール、pm2.5がビー玉、pm0.5がマッチ棒の先・・・・イメージとしてはこれくらいみたいですね。


小さいと人体に一層有害?

成分はほとんど変わらなくても、粒子が小さければ人体に一層有害なようです。

pm2.5は吸い込んでも肺の途中までしか行かないそうですが、pm0.5は肺胞まで入り込んでしまうのです。

そのためpm2.5よりもぜんそくなどの症状を引き起こしやすいのです。


春節祭で大気汚染の悪化

そのpm0.5が明日から日本に大量飛来されると予測されています。

そして、中国の旧正月、春節祭が間近に迫っています。

この時期は帰省ラッシュで排気ガスがより多く排出され、花火や爆竹なども大量に使われるので大気汚染がより一層ひどくなると予測されています。


効果的なマスクの選び方

自衛の方法として外出しないわけにもいかないのでやっぱりマスク着用が効果的なようですね。

様々なタイプのマスクが売られていますが、PFEという数値が高いマスクならpm0.5もシャットアウトできるそうです。

PFEというのは「微粒子ろ過効率」のことです。このパーセンテージが100に近いものはウィルスもろ過できるので、ウィルスよりも大きいpm0.5でもフィルターにかけられるということですね。

今度マスクを選ぶときはパッケージの数値をよく見てみようと思います。