先走って作ってしまった卒園の謝辞です。無駄になったので例文の叩き台にでもお使いくださいませ。。。。

スポンサードリンク

お礼の言葉

日増しに暖かさと春の風を感じるようになって参りました。本日、○○幼稚園を巣立っていく63名の卒園児の保護者代表として、一言お礼の言葉を述べさせていただきます。

このような盛大で心温まる卒園式を催していただき、胸がいっぱいになります。
保護者一同、心より御礼申し上げます。

また、ご来賓の方々には、日頃から子供たちのためにご尽力をいただき本当にありがとうございます。

まだ赤ちゃんの面影を残していた娘が入園し、はや3年の月日が経とうとしています。バス停で泣いて抱きついている娘を先生にお願いしたこと、初めて幼稚園での出来事を笑って話してくれたあの日、お友達と喧嘩して拗ねてて、そして仲直りしたあの騒動、すべてが懐かしく、心の宝箱でキラキラ輝いています。

幼稚園では四季を通じまして子供たちに様々な経験をさせてくださいました。そしてその経験を経るごとに子供たちは、新しいことへの挑戦や物を知る喜びなど、目に見える成長にただただ喜びと驚きとありがたさを感じていました。

とりわけ秋の運動会では毎年新しい感動と涙をいただきました。

年少さんの可愛らしいダンス、年中さんの工夫にあふれたパラバルーン、そして5歳児のリレー。

懸命に走る子供達のたくましさ、惜しくも転けてしまいそれでも最後まで走りきったあの男の子、勝負に負けて悔し涙をながす女の子達。

我が子だけではなく、子供達全員に心からの声援を送ったことを、今、懐かしく思い返しています。

子供たちは、今日、この幼稚園を巣立ち、それぞれ小学校へと進んでいきます。
自由にのびのびと遊んで学び、そして集団生活のお行儀を教えてくださったこの○○幼稚園の園風は、子供のたちのこれからの人生の大きな土台となっていくでしょう。

○○幼稚園の全ての先生方、裏方を支えてくださった職員の方々に、心からお礼を申し上げます。
○○幼稚園のこれからのますますのご発展と皆様のご健勝とご活躍をお祈りして、お礼の言葉とさせていただきます。
3月吉日 名前・・・