中国から恐ろしいニュースが飛び込んできました。

中国陝西省南部にある安康市、漢中市、商洛市で、スズメバチに襲われて亡くなった方が41人にものぼっているようです。

スポンサードリンク

病院で治療中の方も200人余りいて、そのうち40人程は重体。

これは7月からの累計で、ちょうどスズメバチが凶暴になる時期に当てはまっています。

この3市では植林が進められてスズメバチが生息しやすい環境になったのに加えて、2013年の夏が高温少雨だったことが、スズメバチの大繁殖の原因なようです。

日本も他人事ではありません。日本でもスズメバチによる死亡例は年間で20~30件ほど見られるのです。

スズメバチの被害は動物の人身事故の中でもっとも危険なものなのですね。

ヒグマの恐怖!1970年福岡大学ワンゲル部に北海道日高山脈で何が起こったのか。ヒグマの習性と対処方法

スズメバチの危険性は十分分かっていても、いざスズメバチに直面すると、どうすればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

もちろん私もです。

ここでスズメバチに刺された時の対処法や応急処置、そして、刺されないための予防策もまとめてみたいと思います。


スズメバチが最も危険な時期

スズメバチが最も危険な時期は8月と9月です。

suzumebachi 中国で大被害!スズメバチに刺されたときの対処と応急処置

 スズメバチは5月ころ巣作りを始めます。この頃は女王蜂と幼虫しかいないので、それほど危険ではありません。

女王蜂自身は臆病な性質なのです。

それから幼虫が働き蜂に成長していき、巣もどんどん大きくなっていきます。

この時期は働き蜂が攻撃的ですのでより危険なのです。

10月に入るとオスの蜂や、新しい女王蜂が増えてきて働き蜂が減っていきます。

それによって攻撃性が低くなっていくのです。

もちろん蜂の種類によもよりますから10月以降も刺される危険は皆無ではありません。

.


刺されないためにできる予防

  • まずは巣に近づかない。自分の生活範囲にある場合は業者に駆除してもらう
  • 野外での作業の際は、よく確認する
  • スズメバチが威嚇している「カチカチ」という音を聞いたら直ちに逃げる
  • 香料のきついシャンプーやリンス、化粧品、制汗剤などにも反応するので注意
  • 濃い色の服よりも薄い色の服を
  • 頭は薄い色の帽子でカバー

刺されしまった時の応急処置

  • できるだけ早く患部から毒をしぼりとります。口で吸うのは絶対NG!指で患部周りを大きくつねって毒を絞り出してください。
  • 患部を水で洗い流すのも有効です。蜂の毒は水溶性です。
  • そして、氷や冷水などで冷やします。 冷えピタなどはNG!
  • 皮膚科やアレルギー科、なければ外科などの病院にかかります。

アナフィラキシーショックを起こしている場合

スズメバチに刺されたことがある人の10%が、スズメバチに対して抗体を持ちます。スズメバチアレルギー体質になるということですね。

そのうち2%の方が重いアレルギー反応を起こすと言われています。

蜂アレルギーのない人はほとんどの場合は激しい痛みだけですみますが、アレルギー症状を起こす場合は1時間後くらいに症状が出てきます。

吐き気、せき、全身の発疹、血圧低下、意識障害、呼吸困難などが見られたら「直ちに」病院にかかってください。救急車でもいいと思います。

直接病院に行く場合はどの医療機関にいけばいいか迷うと思います。

医療機関では点滴ルートの確保、点滴静注を行い、エピネフリンやドーパミンなどの昇圧剤、ステロイド剤の投与といった処置を行うそうです。

大抵の医療機関ではアナフィラキシーに対する処置は出来るそうなので、まずは最寄りの病院に駆け込んでもいいのではないでしょうか。

ただ絶対とはいえないのが怖いところですね。

アナフィラキシー状態の時には、とにかく一刻も早い処置が必要ですので、自分が蜂アレルギーだとわかっている場合は、あらかじめどこの病院で処置ができるかを調べておくのが確実だと思います。