楽しみにしていたドラマ「アンナチュラル」が始まりましたね!

リアルタイムでは見られないので録画をついさっき見終わりました。面白かった~。満足!

石原里美ちゃん、ほんまにカワ(・∀・)イイ!!

見てるだけで幸せになるなぁ。同性だけど。

「検死官」のドラマって前からよくあるけど、今は「法医解剖医」って言うんですね。

明るい雰囲気で笑いながら観ていられるけど、設定や人物相関がなかなか作りこまれていて面白かったです。

スポンサーリンク

第1話の感想 3選

今日の私の感想ベスト3です。

井上新が近藤雅彦にしか見えなった

中堂班を演じる井上新さんを途中まで近藤雅彦だと思い込んでいました。

「マッチはドラマにも出始めたんだな~。ぜんぜん年取らないなぁ」

マッチを知らない小学生の娘にも

「あれが近藤雅彦やで」と教え込んでしまいました。

 

アップでみたとき

「なんか顔がちがうかも・・」

調べてみて愕然。マッチじゃなかったんだ・・。

だって髪型がマッチにしか見えない。

スポンサーリンク

UDIって実在するの?

不審死で納得できない遺族が調査を依頼する機関がUDIという設定でした。

今の時代、そんなビジネスもあるのかもなぁ・・と調べてみたけど、実際にはないみたいですね。大学病院で法医解剖することがほとんどだとか。

 

感染者を叩く風潮にうんざり

ドラマではマーズで冤罪だったけど、実際にサーズや、鳥インフルや新型インフルなどなど、最初の感染者を叩く図式って暗い気持ちになります。

毎年この時期流行るインフルエンザだって、

「何組の○○ちゃんが最初に感染したんだって」

耳打ちしてくる人もいたり。

だから?

どうしようもないことで誰かに責任を押し付ける風潮。ホント何とかしないとね。

 

辛いときこそ食べるアンパン

恋人をマーズで亡くして、さらに風評被害に苦しんでいる恋人にミコトがアンパンを押し付けるシーン、泣いちゃいました。

「そんな気分じゃないときだから食べるんです」

名言かも。

 

ミコトが恋人に振られちゃったのは、仕方ないかな~。恋人の気持ちからしたら「今日だけは優先して欲しかった」も当然だし。

ミコトは悪くないけど、ご縁がない相手だったんだと思う。

窪田君こと六郎と、マッチ・・じゃなくて井上さんこと中堂と、どっちかといい感じになるのかな。

楽しみです。