部下編

夫に言わせると、たとえ義理でもバレンタインのチョコをもらうのは嬉しいらしいです。

何故かバレンタインまで数日あるというのに、職場の部下からいくつかもらっている様子。部下の女の子はバレンタイン当日は有給をとってお休みらしいのです。

思いっきり義理チョコ丸分かりですが、夫はまんざらでもない表情。

まぁ本気チョコでも困るので、ありがたく私と娘の胃袋に収まる予定です。

(夫は甘いものが嫌い)

そうなると悩ましいのがホワイトデーのお返しですよね。

自分が若い頃を思い返しても、上司にあげる義理チョコには見返りを思い切り期待していました。

あの頃はまだバブルの残り香が残っていたので、結構よいお返しをもらっていた記憶があります。

300円の義理チョコでディナーをご馳走になったり、ブランド物の小物類(センスは微妙)も頂いてました。

今にして思うと上司もその奥さんも迷惑だったのでしょうね。

景気が良くなったという噂はテレビ上でのみ耳にしますが、全く家計には反映していない今日この頃、申し訳ないですがそんな豪華なお返しは出来ません。

でも夫の立場を考えると、少しは気の利いたお返しは必須かなとも思います。今も昔も女の子の噂話はすごいですものね。自分のことは棚に上げまくってますけど。

自分がもらってちょっとだけ嬉しいお返しを考えてみました。

高すぎず(下心を感じさせず)、安すぎず(3倍返し・・・・とは言わずとも同額くらい?)、あまりにも適当じゃない(直前にコンビニで買ったものは悲しい)もので、やっぱり食べるものがいいかなと思います。

ハンカチや小物は好みじゃないものだとタンスの肥やしになるだけですしね。

ネットで検索してみると結構面白いお菓子がたくさんありました。

あえて和菓子と言うのもいいかも

 

てんとう虫のチョコレート。可愛い♪

 完全に私の好みですが美味しそう~。

我が家の場合ですと、ネットでちょっと珍しいお菓子を取り寄せて、百均のラッピングをがんばる結論に至りました。

 

子供(幼稚園)編

幼稚園・年長の娘の場合はやっぱり「友チョコ」というのを配ります。

気合の入っているママさんだと幼稚園のクラス全員分を用意するらしいですが、幸いにも娘の周りでは、ごく親しいご近所さんだけでやり取りします。

年少の頃は、私も娘も何も考えず、用意もしていませんでしたが、バス停のお友達に手作りの友チョコを頂いて大あわてしました。

年中の去年はチョコクッキーを焼いて、仲のよいご近所のお友達と交換しました。

女の子同士だと、友チョコを交換し合ってそれでおしまい!なのですが、男の子のお友達には交換ではなく、通常(?)のバレンタインのようにホワイトデーにお返しを頂くことになります。

娘はただお菓子を作って配りたいだけで、ホワイトデーという存在も知らないくらいなので、お返しなど全く期待していません。

でも、男の子のママさんからすると、「そういうわけにもいかないでしょう」と頭を悩ますようです。

去年いただいたお返しは、キャンディーとヘアゴム、マシュマロとシール、ホワイトチョコとメモ帳・・・という組み合わせでした。

こっちは手作りのクッキー3・4枚だけなのに、お菓子+アルファなんですよね。

気を遣わせて申し訳ないから、今年は、お返し不要ですとママさんに断言するのか、いっそのこと男の子には差し上げないほうがいいのか、本当に悩ましいところです。

仲のよい男の子ママさんは、「チョコもらったら息子嬉しそうだから、そんな気は遣わないで~。お返しも楽しみでしているだけだから」と言ってはくれるのですが、私には息子がいないので本音はわかりません。

これから小学校になると子供同士でのやり取りが多くなるので、親がどう関わるべきか不安もあります。

夫の部下へのお返しのほうが、よほど気が楽ですね。

みなさんは、どんな風にされているのでしょうか。よかったら教えてくださいね。