1年の折り返しになる夏至の日。

 

この日はみなさんどのように過ごしていますか?

 

実はこの夏至の日、過ごし方によってとテオ運気を上げることが出来てさらには、残り半年の運気を左右しちゃうって知っていましたか?

 

では、どのように過ごすべきなのか。何をしたら運気を上げることが出来るのかなど、詳しく見てみましょう。

 

スポンサーリンク

そもそも夏至って?

夏至とは北半球では日の出から日没までの時間が、最も長い日を指します。反対に南半球では、この時間が最も短くなります。

 

今年(2018年)の夏至は6月21日となっています。

 

各地の夏至の風習

地域差はありますが、夏至の日にはタコを食べる風習があります。これは、夏至の時期が田植えの繁忙期であることからきているといわれています。

 

昔は半夏生の日(夏至の日から11日後)までに田植えを終わらせ、タコの足8本のように作物が八方に根を張るようにという思いを込めて、食べていたそうです。

 

タコ以外にもサバや、うどん、小麦粉で作った餅などを食べることがあります。

 

ストロベリームーンが見られる時期

また、ストロベリームーン(赤い満月)と呼ばれる月が見られるのもこの夏至の時期です。

夏至の時期の月は高度が低く、地平線に近い位置を移動するため赤みを帯びた色に見えます。

スポンサーリンク

運気が良くなる夏至の過ごし方は?

夏至の日は昼が長いことから、風水では陽気のとても強い日だといわれています。

 

そのため、陽気を身体に取り入れやすく運気を上げるにはもってこいの日です。そして、この気は冬になるにつれて次第に陰の気が濃くなってきます。

 

陰の気に負けやすい人は、この夏至の日に陽の気をたくさん取り込んでおきましょう。

 

陰の気に負けやすい人の特徴はこちら

  • 落ち込みやすい
  • 良くないことが続いてしまっている
  • 低迷期(厄年など)にいる
  • 冬に弱く、冷え性気味である

では、陽の気を取り込むためには何をすべきなのでしょうか。

 

陽の気の取り込み方

まずは、朝日です。

出来ることならば、日の出を見てみましょう。1日の始まりの日の光を浴びて、パワーをもらいます。

 

そして過ごし方は、新しいことにチャレンジすることがおススメです。

 

何か習い事を始めても良いし、はじめて入るお店で食事やショッピングをしてみるのも良いです。

 

他にも行ったことのない場所に行くなど、少なくても5つ新しいことにチャレンジをしてみてください。

 

また、身に着けるものも新調してしまいましょう。

アクセサリーやパワーストーンがおススメです。この時アクセサリーはゴールドのもの、パワーストーンは水晶やターコイズなどがおススメです。

 

夏に向けて素敵な日傘もいいかも

 

 

新しいものをおろす、という行動が大切なので値段の高い安いは関係ありません。

 

身に着けている間は、パワーをもらいためることが出来るのでここぞ!という日があったら是非おろしてみてください。

スポンサーリンク

夏至の日にしないほうがいいこと

反対にしないほうが良い行動もあります。

 

とてもパワーのある夏至の日はネガティブな行動や言葉はあまりよろしくありません。

 

後ろ向きな言葉や悪口や陰口など、悪い言葉が力を持ってしまい、良い運気にするチャンスをつぶしてしまうことになりかねません。

 

やはり、悪い言葉や暗い言葉というのは良いものを食らってしまうことがあるので、この日だけでなく常日頃から気を付けていると良いかもしれません。

 

折角良い運気に出来る日です、チャンスをつぶさずにより良くしたいものですよね。

 

運気を上げて夏へ突入

運気を取り込むためには、さほど難しいことはなかったかと思います。

 

なるべくネガティブな行動は、普段からしないように気を付けて陽の気を取り込むようにしましょう。

 

そして夏至の日の大きな気を上手に取り込み、運気をアップしてこれから来る夏を素敵に乗り切っちゃいましょう。

関連記事