女性にとって最大のイベントの一つ「結婚」。

 

もちろん女性一人だけのものではありませんが、一生に一度(多分)のスペシャルな機会ですもの。自分が厳選して選んだドレスに身をまとい、素敵な結婚式を演出して・・、などなど、とことんこだわりたいものですよね。

 

式についてのこだわりはもちろんのこと、時期についても考えることはたくさん。

 

スポンサーリンク

ジューンブライドの由来!最も有力な3つの説

「ジューンブライド」という言葉をよく聞きます。6月に結婚式を挙げると幸せになれる・・とか、最適な時期とか言われていますね。

 

花嫁にとってとても特別な思い入れがある結婚式を、ぜひ6月にあげたいという方も多いことでしょう。

 

でも、そもそも「ジューンブライド」の由来、なぜそう言われるようになったのかは意外と知られていないかもしれませんね。

 

どうして6月、ジューンブライドなのか、これには3つの説があります。

 

今回は、ご結婚を考えているあなた!に、このジューンブライドについてご紹介したいと思います。

 

JUNO説

6月の月名は「JUNE」。

 

これはローマの神話で結婚を司る女神、「JUNO(ユーノ)」に由来していて、6月は結婚、そして女性の権利を守るJUNOの月でもあります。

 

そのため、この月に結婚する花嫁は幸せになると言われるようになり、「ジューンブライド」という言葉が定着していったということです。

 

この説が一番有力だと言われています。

 

 

 繁忙期で結婚がダメだったという説

昔のヨーロッパでは、結婚してはいけない時期がありました。それが3月から5月の3ヵ月間です。

 

これは農作物の収穫期にあたり繁忙期だったので、結婚式どころじゃなかったんですね。

 

そのため、6月になると一斉に結婚式を挙げるカップルが多かったということです。

 

繁忙期が終わったお祭り気分もあり、そのぶん周囲からも祝福も多いので、6月に式を挙げると幸せになれるのだろう・・というのが2番目の説です。

 

結婚式は本人達が主役ですが、招待客にも最大限の配慮を求めるのは日本だけではないですね。

スポンサーリンク

3 お天気説

もう一つの説はお天気です。ヨーロッパで一番天候の良い時期がこの6月。

 

暖かく過ごしやすく晴れの日が多い時期でもあります。花々も咲き乱れとても気持ちの良い季節なのですね。日本と違って・・。

 

そして復活祭も行われる月なので、お祭りムードが一層盛り上がり、この月に結婚式を挙げると幸せになるだろう、という言い伝えです。

 

どの理由ももっともらしく捨てがたいですし、多分これらが全部からみあってジューンブライド伝説が生まれたのだと思います。

 

昔から6月の花嫁は幸せになるという言い伝えは不動のようです。

 

スポンサーリンク

 ジューンブライドが日本に広まった理由とは?

ジューンブライドはヨーロッパから始まった言い伝えということをご紹介しましたが、日本にはどのようにして広まったのかも気になります。

 

日本で6月というと梅雨の時期。

 

あまりお天気に恵まれない月なので、結婚式を挙げるカップルは少ない時期でした。

 

式を提供するホテル業界としては、この月の売上をなんとか伸ばしたい!・・と模索していた時に、「ジューンブライド」の言い伝えに目をつけました。

 

そして6月の花嫁は幸せになる、ということを宣伝し始め、そのロマンティックな言い伝えが、日本でも定着していったということです。

 

これを広めたのが、ホテルオークラの当時の副社長だったということです。なかなかの仕掛け人ですねぇ。

 

バレンタインデーの戦略とよく似ています。

 

ジューンブライド婚はやはり憧れ

 

日本では梅雨の6月。しかもホテル業界の策略なジューンブライド。

 

・・それでも、 「ジューンブライド」はロマンティックで響きも良くて、結婚記念日が6月というだけでなんだか特別な感じもしますよね。

 

これから結婚式を迎えるあなた。ジューンブライドをどう考えますか?

そして、心からおめでとうございます(´∀`)

関連記事