私達夫婦自身や親のお墓のことを考え始めると、色々な疑問が出てきます。

「戒名」もそのうちのひとつ。

今回はこの戒名についてとことん考えてみました。

お墓はいらないと思う。遺骨をどうすればいいか等考えると見えてくるもの

 

スポンサーリンク

戒名についての思い出

ちょっとお金持ちの親戚がいました。

その両親が亡くなった時に、何百万かで最高ランクの戒名をつけたという話しが親戚中でもちきりになったことがあります。

まだ若く、戒名がどういうものかも分からなかった私は、お金を積んだからって戒名のランクが高くなるのは変!と妙に憤った記憶があります。

 

でも戒名って、まさしくお金=価値なんですよね。

 

そもそも戒名って?

戒名というのは出家して仏弟子になったときに授けられる名前ですね。クリスチャンネームと同じような感じです。

 

修行して積んだ徳や、所属するお寺への貢献度によって位があがっていくのが戒名の本来の仕組みみたいです。

 

でも一般人が生きているうちから戒名を持っているわけがないので、死んだ後に信仰している宗派のお坊さんに(お金を出して)戒名を授けてもらう・・という習慣がいつのまにか出来て、仏式で弔うなら戒名は必須!みたいな状況になっています。

 

戒名のお値段

戒名のお値段はお寺によって全然違います。

 

くだんの親戚の場合は何百万も払ったらしいですし(なんといっても最高ランク)、祖父の場合は10万円だったと聞いています。

 

ネットで調べた相場は以下の通りですが、実際には値段にはかなりばらつきがあるでしょう。

  • 曹洞宗 30~50万円
  • 真言宗30~50万円
  • 天台宗 30~50万円
  • 浄土宗 30~40万円
  • 臨済宗 30~50万円
  • 日蓮宗 30万円~

 

あくまでも戒名のお値段ではなく、お気持ちというカタチの「お布施の相場」なので、同じ宗派で同じような戒名でも、2万円のところもあれば50万円のところもあるということです。

 

あ、このお値段は松竹梅で言えば「梅」のランクです。ランクが高くなるにつれてさらに何十万円単位で相場があがっていきます。

スポンサーリンク

戒名がないと実際困るの?

そんな高いお金出して戒名なんていらない!と思う人は多いはずです。

でも戒名がないと困ることもあるのでは?そのケースをシミュレーションしてみました。

 

 

納骨出来ないケースがある

戒名をつけずに困る点はまさにコレです。

先祖代々のお墓が菩提寺の中にある場合、菩提寺から授かった戒名がないと納骨を断られることが多いのです。

もちろんお寺によっては、戒名がないことに対応しているところもありますよ

 

色々厄介ですね(゚Д゚)

 

でもこれは仕方ないかもしれません。

菩提寺にお墓があるということは、使用権を借りていることになるので、菩提寺のルールに沿う必要があります。

 

お寺にはお寺の経営があって、普段はお墓を管理しているのですから、戒名のお値段もお墓の管理料のうちなのでしょう。

 

もちろん先祖代々のお墓は菩提寺にあったとしても、民営や公営の霊園に新たにお墓をかまえたり、そもそもお墓を持たないのであれば、戒名がなくても大丈夫です。

 

菩提寺のいまあるお墓をどうするか、また考える必要がありますけどね。

 

 

戒名がないと仏式でお葬式できない?

戒名はいらない。でもお坊さんにお経は読んでもらいたい、慣れ親しんだ仏式で送ってもらいたい。

 

そう願っている人もいるはずです。

 

それはムシがよすぎる!ワガママだ!戒名がいらないなら、仏式で葬式をあげるべきではない!

 

という意見もわからなくはないのですが、仏教ってそんなにガチガチなんですかねぇ。もっとおおらかな教えなのでは?

 

そもそも死者への戒名制度は日本だけだし、お釈迦様は戒名が必要なんて言ってないし。

 

結論から言うと戒名なしでお坊さんも呼ぶことも可能です。

 

あまりよい顔はされないかもしれないけど、菩提寺のお坊さんであっても相談に乗ってくれることもあります。

 

菩提寺を通さず、葬儀屋を通じてそのときだけのお坊さんを招くなら多分問題はないでしょう。・・というか、対応できるお坊さんを招いてもらいましょう。

知人でそんなお葬式をあげた人もいました。

 

 

親戚や近所のひそひそ話

いままで当たり前として習慣化している儀式を変えると必ずどこかで反発はおきますね。

ふだん信仰心なんてぜんぜんないように見える親戚が突如として「戒名つけないなんて~!罰当たり!」とか言い出すかもしれません。

 

ウチの場合も言い出しそうな顔がすでに目の前に浮かんでいます。

 

・・

母が元気なうちに根回しする予定です(・∀・)

 

そして「戒名をつけないなんて、お金に困っているのかしら?」なんて好き勝手言う人もいるでしょう。

 

まあ・・ほっとけばいいです(‘A`)

 

 

きちんと供養していないという罪悪感

これが一番厄介かもしれません。

特に戒名の必要性もありがたみも感じない、菩提寺とのしがらみもない、そんな状況でも、戒名つけないことによって成仏できなかったらどうしよう・・あの世で名無しといじめられたらどうしよう・・などと罪悪感が沸いてくるかもしれません。

 

大切な人を亡くした後は、誰に何を言われなくても、こんなことを考えてしまうのは無理はないと思います。

 

自分自身に苛まされるなら、戒名はあなたにとって必要なものかもしれません。無理のない金額で戒名を授けてもらうのもいいと思います。

 

でも誰かに脅されたのなら、特にお坊さんに脅されたなのなら、そのお寺とのお付き合いはちょっと考えるべきかもしれません・・と私は強く思います。

スポンサーリンク

私は戒名はいらない

ここまで読んでくださった方で、戒名をバカにしている!けしからん!と怒ってらっしゃる方もいるかもしれませんね。

 

でもですね。

 

普段からお寺やお坊さんとお付き合いがあって、仏教の教えを説かれて、悩み事も相談できて・・そんな信頼しあえる関係ならば、戒名の成り立ちに少々頭をかしげたとしても、戒名は大切なものと思えるのではないでしょうか。

 

  • 戒名なんてなんで必要?
  • ぼったくられているんじゃない?

 

そう思われるということは、その信頼がないということ。

 

それを棚に上げて、戒名をつけないなら仏式で葬式をあげる必要はない、納骨もさせてやらん・・と頭ごなしに言われるのはなんかおかしいなぁと思うのです。

 

「お寺の経営上、戒名料が必要なんですよ」

 

そうはっきり言ってくれたほうがよっぽどすっきりします。

 

「そんな気難しいこと言わなくても、昔から続いてきている慣わしなんだから、ありがたい戒名もお墓も必要でしょ?」

 

そう感じる人には必要で大切なものなのでしょうね。おそらく義父母は戒名を授かって菩提寺のお寺に埋葬されることを望むと思います。

 

夫も夫の兄弟も私も、もちろんその気持ちは尊重して義父母の望むように弔います。

その後のお墓のことは、よくよく相談することになると思いますが。

 

私は母にも自分自身にも戒名はつけないと思います。母自身は「死んだ後のことなんてすべておまかせ」スタイルですし。

 

慣れ親しんできた自分自身の名前があるのに、母や私のことをよく知らないお坊さんに死後の名前をつけてほしくありません。

 

どうしてもどうしても戒名が必要なら、ペンネームや雅号のように自分自身で戒名をつけたいくらいです。

 

あ、自分で戒名をつけることも可能なんですよ。菩提寺が受け入れてくれるかは疑問ですけど。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戒名は自分で付けよう (文芸社文庫) [ 高林院釈俊信居士 ]
価格:583円(税込、送料無料) (2018/2/20時点)

金額によってランクのかわる戒名システムもしっくりしません。

菩提寺にお墓はないし、そもそもお墓を持つ気はないし、罪悪感も抱きそうにないので、やっぱり戒名はいりません。

お墓はいらないと思う。遺骨をどうすればいいか等考えると見えてくるもの

読経もいらないから、仏式のお葬式にもならないでしょう。

さて、どういうお葬式にするか・・調べて、また記事にしますね。

お墓はいらないと思う。遺骨をどうすればいいか等考えると見えてくるもの

関連記事