ひな祭りには桜餅、そして端午の節句には柏餅。おなじみのお楽しみスイーツですよね。

 

私は和菓子が大好きなので、特にこの季節感のある、桜餅と柏餅は毎年時期が来ると必ず食べます♪

 

もうすぐ端午の節句で柏餅の季節になってきました。

 

スポンサーリンク

柏餅は中身の種類が多い

柏餅は中身のあんが、こしあん、味噌あん、白あん、また白いお餅だったり、草餅だったりと、かなり種類も多いのが特徴なんです。

 

またコロンとしていて可愛いルックスも素敵。

 

ところでこの柏餅に欠かせない柏の葉。

スポンサーリンク

柏餅の葉っぱは食べられる?

桜餅の葉っぱは食べられますが、柏餅の葉を食べる人はあまりいないとは思うけど、実際のところは食べられるのでしょうか?

 

これは、食べても害があるものではありませんが、食べる前提のモノではありません。

 

でも、食べないものだとしたら、柏餅の葉っぱには何か意味があるのでしょうか?そして、何の葉が使われているのでしょうか?

 

柏餅なのだから、「柏の葉」でしょう、とみなさん思うと思いますが、実は柏の葉だけではないのが柏餅で、地域によって違いがあるようです。

スポンサーリンク

東日本ではカシワの葉、西日本では?

「柏餅」というくらいなので、東日本ではブナ科のカシワの葉を使用して、お餅を包むことが多いようです。

 

でも西日本では違っていて、「サルトリイバラ」の葉っぱを使っているところもあります。

柏の葉は、波打った形で葉の表面がザラザラしています。一方、サルトリイバラの葉は、葉の周りは丸く、表面がツルツルしているのが特徴です。

 

サルトリイバラの葉っぱの柏餅はこんな感じで、2枚の葉っぱでサンドイッチします。

 

西日本では、より簡単に手に入る、サルトリイバラの葉っぱを使っているところが多いようです。

 

あなたの地域の柏餅の葉っぱはどうですか?

 

柏餅の葉っぱの代用品 おばあちゃんが使っていた葉

柏餅を手作りされる方もいらっしゃいますいね。その時に必要な葉っぱも買うことができます。

 

とはいっても、昔はスーパーでは売っていなかったので、おばあちゃんの世代では、庭からとってきた柏の葉、もしくは、サルトリイバラの葉を代用品として使っていたことから、こちらの葉も広まっていったようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【柏の葉50枚】 柏の葉 50枚 柏餅の葉っぱ 柏餅
価格:486円(税込、送料別) (2018/4/15時点)

 

また最近ではビニール製の葉っぱも売られていますね。

 

ちょっと残念な感じもしますが、もともと食べるものではないので、代用品としては、ありかもしれません。

 

柏餅の葉っぱの種類はこんなにある

また、柏餅に使う柏の葉には種類があります。

見分け方は「色」で、茶色のものと緑色のものがあります。

茶色のものは、柏葉を蒸してから塩漬けしているもので、これをすることによって、柏葉特有の香りが引き立ちます。

 

そして緑色のものは、柏の葉を生のままのを塩漬けし、銅釜でボイルし、葉緑素を元に戻したというものです。

 

言われてみれば、両方のものが売られているような気がします。次回柏餅を買う時に、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

地域性がある柏餅

意外な地域性があった柏餅。

 

何も包まれていないとシンプルすぎるし、葉っぱで包まれていることで、見栄えもいいし、日本の美的感覚のすばらしさに改めて感心させられますね。

 

端午の節句に、柏餅をぜひ味わいましょう。

関連記事