ノーサイドゲーム ドラマ 第1話 あらすじと感想

ノーサイドゲーム、始まりましたね。期待以上に原作以上に面白そうな展開です。

スポンサーリンク

ノーサイドゲーム第1話 あらすじ

東京丸の内・トキワ自動車本社。

君島の左遷・そしてアストロズのGMに

経営戦略室の君島は、カザマ商事買収の反対の意見書を提出。

買収推進派の常務、滝川に意見書を書き直すよう命令されるが拒否。君島の意見書でカザマ商事買収は見送りとなった。

が、君島は総務部長として府中工場へ移動の辞令がでる。事実上の左遷だ。

府中工場の総務部長はアストロズのゼネラルマネージャーも兼任する。

ちなみに君島はラグビーが嫌いだった。大学時代に好きな子を奪ったのがラグビー選手だったからだ。

府中工場に初赴任した日、工場全員で盛大に出迎えられて、社内ラグビー部のアストロズのメンバーに胴上げの歓迎を受ける。

アストロズの現状はどん底だった

  • 成績低迷
  • 新監督が決まってない
  • 予算14億に対して収益性はゼロ
  • 社内もラグビー部に対して冷たい視線
  • 選手の意気も低迷
  • 地域ではサッカー人気は強いが、ラグビーには関心が薄い

メンバーの佐々は会社の仕事でミスを連発してお荷物扱いだ。

アストロズを廃部にして本社に返り咲くぞ!

そんなアストロズの現状にうんざりする君島。家では恐妻の真希に「そんなラグビー部は廃部にして本社に返り咲くきっかけにしろ」と説教される。

滝川にも次の役員会でアストロズの現状について意見書を出すように促される。そうすると見返りがあるような口ぶりだ。

本社に返り咲くために、君島はアストロズの予算を削って廃部にしようとあら捜しを始める。

もちろん、アストロズの花形選手・浜畑やキャプテン・岸和田を筆頭にメンバーたちと大衝突。

君島はアストロズを観察しているうちに、メンバーの佐々が仕事ができないのは、上司に仕事やミスを押し付けられていることに気づく。

ラグビー部員たちは仕事もしっかりこなしているが、社内でのアストロズの地位が低いためにいいように扱われていたのだ。

そんな中、君島の次男、博人はサッカー少年たちにいじめられていた。そしてラグビーに興味を持った。

君島は佐倉に博人のためにラグビーの始め方を相談するが、君島自身がラグビーを教わる羽目になる。

浜畑にタックルの練習でしごかれているところに、トキワ自動車社長・島本がやってくる。

率直に今のアストロズの評価を話す君島

  • 高齢化
  • 成績低迷
  • 客が集まらない
  • 14億どころか価値はゼロ以下

島本は、ニュージーランドのラグビーチーム、オールブラックスの「ハカ」の話を始める。

マオリ族に伝わる儀式で、オールブラックは試合の前に己たちを鼓舞するためのにハカを踊る。

「私は死ぬ」

死ぬ覚悟で、どんな状況でもあきらめることなく戦うんだ。

それがラグビーの精神なんだ。

私はどうしようもなくラグビーに惹かれる

島本の言葉も君島には響かなかった。

 

本社復帰の夢が潰える

君島は経営戦略室の上司・脇坂から、滝川主導でのカザマ商事買収の動きが復帰してきたことを聞く。

滝川に直接聞くと、君島が府中に行ったことでやりやすくなったと冷笑され、ラグビー部廃部の意見書を役員会に提出したとしても、君島の本社復帰はあり得ないと通告される。

失意の君島は府中工場に戻り、雨の中練習しているアストロズをボーっとみつめていた。

浜畑は、そんな君島に邪魔をするならどこかへいけという。

じゃあ俺はどこに行けばいいんだ!君島は泣き叫ぶながらタックルの練習をを何度も始める。

最初は笑っていた部員たちも悲壮な君島を見守り、死ぬ気で行けと叱咤激励する。

君島は島本の言葉を思い出しながら浜畑相手に何度もタックルを繰り返し、そしてついにタックルで浜畑を引き倒した。

自宅で君島は雨の中のタックルでボロボロになったスーツを前に真希にボロクソに叱られる。

そのとき、博人がサッカー少年たちにサッカーボールを切り裂かれるイジメを受けていたことを知る。

博人は強くなるためにラグビーを習いたいと訴える。

君島は博人に語りかける。

ラグビーは喧嘩じゃない。スポーツだ。チームの仲間のためにたちむかうんだ。ノーサイドの精神も教え、いじめられた相手にタオルをかけることが出来るか?

真希はいじめられたことに対して怒り狂って君島をせめるが、君島は博人の覚悟を汲んで真希を一喝する。

君島とアストロズがタッグを組んだ

役員会に意見書を出す前に君島はアストロズのメンバーに訴えかけた。

  • 今のアストロズにはゼロ円の価値しかない
  • リーグ優勝といいながら、現状維持が精いっぱいと思っている
  • サラリーマンに努力賞なんかない。
  • 正義は勝つじゃなくて勝者が正義だ。
  • 現状に甘んじているアストロズだから社内の連中に足元を見られる
  • 卑屈なチームに監督なんか決められない
  • どん底の現状を把握しろ
  • プラチナリーグで優勝しろ

本社から追い出され、サラリーマンの私は死んだ。

昨日タックルを繰り返しながら思った。このまま終わるのは嫌だ。

君たちと戦いたいと思った。私と同じどん底で喘ぐ君たちと戦いたいと思った。

ラグビーは素人だが、経営戦略はプロだ。

私と君たちが組めばリーグ優勝だって夢じゃない。

君島とメンバーたちの気持ちが一緒になった。

君島のラグビー部改善の意見書は役員会で受け入れられた。島本の後押しもありアストロズの廃部は見送りとなる。

新監督を探す君島は新聞であるニュースを知る。

城南大学のラグビー部監督・柴門が3連覇したにも関わらず更迭されたのだ。

君島は思い出す。大学時代に好きな子を奪ったラグビー選手が柴門だったことを。

 

スポンサーリンク

ノーサイドゲーム第1話の感想

まず感じたのが「暑苦しい」でしたw

アストロズのメンバーの俳優陣はラグビー経験者ばかりで、ガタイのいい男性ばっかり。顔は二の次のようです。だからすごくリアリティがありました。

それから君島の家族がガッツリでているのが原作と違うところですね。原作では君島の家庭はこれっぽちも描かれていませんでした。

それがドラマでは妻・真希の尻に敷かれている様子がこれでもかと描かれ、おまけにドラマーのナレーションは真希なんですね。

半沢直樹みたいに妻はドラマ上の重要なポジションなんでしょうか。

息子たちも存在感があり、特に次男の博人役の市川右近は可愛すぎますね~。いじめられてラグビーを習うというエピソードも原作にはありません。

原作のシンプルさに比べるとドラマはもっと密に人間を描いているようです。

原作よりも期待できるドラマになりそうですね。


ノーサイド・ゲーム [ 池井戸 潤 ]