初詣には神社ではなくお寺にお参りする方も多いのではないでしょうか?

うちも初詣は生田さんですが、お正月期間中に須磨寺にもおまいりします。

須磨寺

須磨寺は源平の史跡が多く、観るところがたくさんある魅力的なお寺です。永大供養でも有名なお寺ですのでご存知の方も多いかもしれませんね。

 

ところで「神社のお参りのしかた」以上によくわからないのが「お寺のお参りのしかた」だったりしませんか?

 

私だけ?

 

つい神社と同じ感じで拍手しちゃったり、お線香はいつ焚いたらいいのかあたふたしちゃったり。

 

小学生の子どもに正しいお寺のお参りのしかたを教えるためにも、今年は前もってしっかり調べてみました。

 

私のように「お寺のお参りのしかた」があやふやな方、一緒にお勉強しましょう。

 

ただし!宗派によって違いがあります。ここでお勉強するのは「ごく一般的」なお寺のお参りの仕方です。

 

スポンサーリンク

お寺のお参りのしかた

まずは御手洗(水屋)で身を清めましょう。

ここでのお作法は神社と同じですよ。

水屋

  1. 右手にひしゃくを持って水をすくい、左手に水をかける。
  2. 左手にひしゃくを持ちかえて、右手に水をかける。
  3. 右手にひしゃくを持ちかえて、左の手のひらに水を受けてその水で口をすすぐ。
  4. ひしゃくをたてて、残っている水でひしゃくの柄を洗う。
  5. ひしゃくを元の場所に伏せて戻す。

 

ひしゃくの水をすくうの1回だけです。ひしゃく一杯の水ですべてを済ませるのがポイントです。

 

 

お寺のお参りの順番

お寺の鐘

1.鐘をつく

まずは鐘をつきます。

ただ一般参拝者は鐘をつけないお寺も多いです。鐘のところに「ただし書き」があるので確認しましょうね。

2.お線香を焚く

持ってきたお線香、またはお寺に用意してあるお線香を焚いてお供えします。

お線香はあなたがよい香りだなぁと思うものを選んでくださいね。あなたがよい香りだなぁと思うものは仏様もよい香りだと喜ぶそうですよ。

と、お坊さんに教わりました。

↓こんなお線香も喜ばれるのかな?↓

 

3.おさい銭をおさい銭箱に入れる

静かにおさい銭をおさい銭箱に入れます。

4.合掌する。

ご本尊にむかって合掌して、感謝や祈りをささげます。

間違っても拍手して音をたてないで~。

お線香

お寺は華やかな神社と違って、しんとした雰囲気で心が落ち着きますよね。

せっかくのお正月だからどちらの雰囲気も満喫したいです。

超基本的なお寺のお参りのしかたですが、心に留めておくとあわてずにお参りできますよ。

神社のお参りのしかたはこちらをクリック

関連記事