これから夏を迎え、手書きのコミュニケーション「暑中見舞い」と「残暑見舞い」の季節ですね。

 

しかし、いつどちらを出せばいいのか。内容は何を書けばいいのかなど、なかなか悩んでしまうこともあるかと思います。

 

スポンサーリンク

そもそも暑中と残暑の違いって?出す時期は?

うっかり暑中見舞いを出しそびれてしまったり、少し遅めに来た暑中見舞いなどに返す時、いつからが残暑見舞いになるのか悩んだことはありませんか?

 

では、暑中見舞いと残暑見舞いの違いは何でしょうか。

 

暑中

暑中とは1年で最も暑さが厳しい時期であり、暦の上では夏の土用(7月19・20日~8月6・7日頃まで)の時期を指します。

 

そして暑中見舞いは「暑さのピークを見舞うもの」なので、この時期に合わせて出すのが一般的です。

しかし近年では、暑くなるのが早くなっているため暑くなり始めた梅雨開け頃から出すことも多くなっています。

 

残暑

こちらは暦では秋になっていても暑さが続く時期で、立秋を迎える(8月7・8日頃)以降を指します。

 

しかし、暑さが残っている時期という定義なのではっきりと決まった日付はありません。

 

一般的には8月いっぱいであり、暑さが長引く場合は9月中旬ころまで残暑とされます。

 

そして残暑見舞いは「終わらない暑さを見舞うもの」なので、立秋を過ぎても暑さの続くこの時期に出します。

スポンサーリンク

残暑見舞いの書き方は?

出す時期は分かったものの、いまいちよくわからないのは書き方。書くべき言葉はあるのか、どんな内容を書けばいいのでしょうか。

書き方

縦書きでも、横書きでも構いません。特に決まりはないのですが、縦書きのほうがやはりフォーマルではあります。

 

文字の向きは文面と、宛書はそろえるようにしましょう。文面は縦書きなのに、宛書は横書きということなどはないように気を付けましょう。

 

ポイント

挨拶の言葉

これは当然ですよね。一番最初に書く文書になります。シンプルに「残暑お見舞い申し上げます」でかまいません。

もし目上の方へ出す場合は「残暑お伺い」にするとより丁寧です。

 

相手の安否の確認

暦の上ではもう秋、しかし続いている暑さを「いかがお過ごしですか」とお伺いしましょう。

 

例「立秋を迎えたとはいえ、暑い日が続いております。皆さまお元気でいらっしゃいますか。」

 

自分の近況の報告

ここはある程度自由に、小難しく考えずに自分の近況や夏にあったことなどをお知らせしましょう。多すぎず少なすぎず、2~3行にまとめるのが良いでしょう。

 

相手の体調を気遣う

ここまでくれば、もう最後です。

終わりに、相手がこれからも健康に過ごせるようにと気遣いの文を入れましょう。

例「まだまだ暑い日が続きます。くれぐれもご自愛くださるようお願い申し上げます」

「立秋を迎えたとはいえ、暑い日が続いております。体調など崩されませんようご自愛ください」

 

日付

こちらは最後に書きます。

この時、平成○年○月○日とは書かないことがポイントです。

例「平成○年 晩夏」「平成○年 立秋」

スポンサーリンク

しっかり把握して、きちんとした大人に

暑中と残暑の違い、内容の違いなどがあります。

時期を違って出してしまったり文面がおかしかったりしては、マナー違反ではありませんが大人として少し恥ずかしいものがあります。

季節の挨拶や、相手への気遣いの言葉などしっかりと把握し、正しい時期にきちんとした文面で出せるようにしておきたいものですね。

関連記事