6月というとどんなことをイメージしますか?お天気に関して言えば、雨が多い月、梅雨の時期になりますね。

 

ジメジメして洗濯物も乾きにくいし、何となく気分もどんよりとしてしまう月。

 

ゴールデンウイークのある5月はウキウキなのに、6月は特に連休もないし、お誕生月ということでもない限り、あまり好まれる月ではありませんね。

スポンサーリンク

 

ところでこの「梅雨」ですが、と「つゆ」ととても面白い読み方をしますよね。この読み方の由来をご存知ですか?

 

梅雨を迎える前に、ちょっと豆知識として知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

梅雨という名前の由来とは?

この梅雨という呼び方は江戸時代からと言われていて、呼び方には諸説あります。

 

 「露(つゆ)」の季節だからということ

ジメジメして雨が続くこの状態のことを、昔は「露けき」と言ったそうです。その湿った時期だからということで「つゆ」と呼ぶようになったという説。

 

「潰ゆ(ついゆ)」の季節だからということ

「潰ゆ」とは、ダメになる、つぶれるという意味で、長い雨が続くこの時期には
食べ物にカビが生えたり、腐ってしまいやすくなるということが多いですよね。

 

そのことから、「ついゆ」それがやがて「つゆ」と呼ぶようになったという説。

 

 梅の実が熟する季節だからということ

これは、中国から来たと言われるもので、この時期に梅の実が熟するということから
「梅雨」と呼ばれるようになったという説。

 

また漢字の由来「梅」と「雨」と書いて「つゆ」になったかについても諸説あります。

 

日本ではもともと「梅雨(ばいう)」と呼んでいたようです。梅が熟す時期の雨ということから「梅雨」。

これが、先ほどの読み方と混ざり合って「つゆ」となっていったという説。

 

もう一つは、中国から伝わって来たという説。中国では、黴(かび)の生えやすい時期ということで、「黴雨(ばいう)」という字を使い呼ばれていたそうです。

 

でも、「黴(かび)」の「雨」だとイメージ的に良くないということで、「ばい」と同じ読み方をして、また節にあった「梅」の字を使うことで「梅雨(ばいう)」とするようになったということ。

 

漢字と読み方と様々な由来があるのですね。皆さんはどの説が一番ピンと来ますか?

 

 その他気象用語の由来も解説!

「つゆ」について触れてみたので、そのほかの気象用語もここでご紹介しておきます。

 

 小春日和

まるで春のような暖かなに。秋の終わり頃から冬の初めに感じる暖かさのことを言います。小春とは昔の10月のこと。今でいう11月の別の呼び方から来ています。

 

 春一番

春の知らせのようなもの。冬から春になる時に最初に吹く強い風です。
よく天気予報でも聞いたりしますね。

 

 冬将軍

冬の厳しい寒さのことを、こう言います。これは、ナポレオンがモスクワに遠征中、モスクワの雪と冬の寒さが原因で敗れたということから、そう呼ばれるようになったということです。

 

 時雨(しぐれ)

秋から冬にかけてのにわか雨のことで、いっときだけ暗くなるということから
言われるようになったとされています。

 

また通り過ぎる一時的な雨ということからも来ています。

 

おもむきのある表現が沢山ありますね。

スポンサーリンク

梅雨をどのように楽しく過ごしますか?

諸説ある由来を知ると興味深いですね。梅雨の季節がきたら話題に取り入れてみてください。

そしていかに楽しく梅雨を乗り切るか、周りの人のアイデアも聞いてみたくなります。私はひたすら家でまったりします。

もっと有意義な過ごし方があったら知りたいです。長梅雨にならないことを祈るだけです。

皆さんのお気に入りの過ごし方を教えてくださいね。

関連記事